fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 4パソコン・ネット › 初めて買った当時のパソコン

初めて買った当時のパソコン

2020-06-04 (Thu) 17:09

先月(5月中旬)、昔のパソコン通信時代のお仲間から声が掛かり、その仲間とのメール交換が復活した。インターネットが普及する前に盛んだったパソコン通信(1980年代末〜1996年頃)、パソコンをアナログ回線とモデムで接続し、趣味を同じくする仲間同士でメール交換をする。

始めたのは1995年前後のことで、四半世紀前のこと。その後、このパソコン通信時代の仲間(ピープルメロウ)との交流は、プロバイダーの提供するパソコン通信サービスが終わりを告げた後も、メーリングリストを利用して続いた。オフ会と称する飲み会にも何回か参加したことがある。

自分自身がブログに取り組み始め(8年前)、メールアドレスが変わったこともあって、疎遠となって交流も途絶えていた。

残ったメンバーでの交流が細々と続いていたとのことだが、昨年末くらいから復活を目指して動き出していたらしい。既に2名は鬼籍に入られているとのことだが、私が復帰した後にも、さらに2名の消息がつかめ、10名ほどの輪になって濃密(?)な会話が戻った。

そんなパソコン通信時代の振り返りをしている中で、その入口となる自身のパソコン初期を整理してみた。画像のパーソナルコンピューター JXは、パソコン通信を始める数年前に購入した初めてのパソコン。

搭載のCPUはIntel 8088・4.77MHzで、RAMはたった64K〜256Kだった。フロッピーディスクと称するFDD3.5インチドライブを2つ搭載していて、片方のドライブでアプリ(例、日本語文書プログラム)をロードし、片方に作成した文書を保存した。

今年95歳となる母が当時60歳と少しの頃、内職的にオヤジ殿の会社を手伝い、日本語タイプライターを使って毎月文書(見積書、契約書、請求書等)を作成していた、その業務を、このパソコンでこなせるように準備したことを思い出す。この「業務」は、その後十数年続いた。

新型コロナウィルス感染症情報:
今日(4日)の新型コロナ感染症、都内の新たな感染者数は28人(前日は12人)。これで、都内で感染が確認された人は合わせて5,323人になった。
関連記事

最終更新日 : 2020-06-05

Comments







非公開コメント