fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 2地域へ参加・ある街で › 見えぬ先行き海外支援活動

見えぬ先行き海外支援活動

2020-04-21 (Tue) 08:22

ブログ記事( タンザニア支援活動での話題 )で時折り紹介する、一般社団法人キリマンジャロの会(キリ会)のアフリカ・タンザニアへの支援活動。内容は「さくら女子中学校」(SGSS)の設立と運営、が、この活動も新型コロナ感染症の影響で大きな支障が出ている。

2月末以降、様々動きが。タンザニアから日本の高校に滞在中だった留学生の緊急帰国、現地駐在スタッフの日本への帰国。さらには3月下旬以降、さくら女子中学校そのものもタンザニア政府の一斉指示で30日間の臨時休校、全寮制の生徒全員も帰宅となり、完全ストップ。

日本での支援活動も、この外出自粛で3月に予定した定例会議を延期、これも延期したままという訳にはいかず、昨日(20日)はビデオ会議を開いた。


過去の定例会は、現地タンザニア駐在スタッフとのスカイプを使ったビデオ会議。今回のビデオ会議は参加者全員が、それぞれ異なる場所、自宅・職場等から参加するZoomアプリを利用した会議、結果的には今までにない最も高い出席率となった。

定例会(20日)での主な話題は、1) 新型コロナ感染症拡大に伴う緊急措置の状況 2) 感染症拡大に伴う当事業の考えられる影響と対策(日本とタンザニア) 3) 今後の「ICT環境による理数系教育(案)」について、他に、SGSSの収支状況、広報用パンフレット企画など。

現時点では、さくら女子中学校での授業再開、駐在スタッフの再渡航計画等、事業計画の先行き見通しは全く立たない。JICAと共同のこのプロジェクト終了を後ろに延ばす延期論も交わされるようになってきた。

直近の支援者向け広報用動画のひとつを紹介しよう。動画は全て現地駐在スタッフS氏が作成、ホームぺージにアップされる。今回は、着任した新任教師の紹介動画。(約1分20秒)


関連記事

最終更新日 : 2020-04-21

Comments







非公開コメント