FC2ブログ

散歩は空振り もずとアオジ

春分、「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」という国民の祝日である。今日からを境に昼間の時間が長くなっていく。一昨日のブログ記事で、「カワセミ撮り放題」と踏み込み発言をした所為か、この2日間、カワセミを撮れない!姿は見かけるのだが。

ということで、朝の空堀川の遊歩道、常に見かけるコサギやカルガモ、セグロセキレイ以外の野鳥に目を向けてみた。もずとアオジ、いずれも清水橋近辺で。もず、小さなからだでも、くちばしはタカのようにカギ型をしていて、小鳥を捕らえたりもするという。

アオジ、スズメよりちょっと大きい程度。頭は暗緑色で、胸・腹は緑がかった黄色。それらの色が自然に溶け込んで目立たない。


空堀川の散歩での小型の野鳥は、近視の所為か肉眼では見分けがつかないことが多い。なんだろうなぁとカメラを向け、望遠を使ってはじめて判明することも多い。もず、アオジ、キセキレイ等はその類だ。

中橋辺りでの桜(左)と羽の色が綺麗だったマガモ(右)
空堀川春分200320マガモ200319



関連記事
Junpei
つれづれだより東大和 全記事一覧はこちら 👉 https://blogtatan.blog.fc2.com/ 
東大和どっとネットに参加しています、こちらもよろしく。

0Comments

Add your comment