fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 1地域への参加・東大和 › 都公連・公民館研究大会に

都公連・公民館研究大会に

2020-02-03 (Mon) 06:50

土曜日(2/01)、昭島市公民館で開催された当ブログ記事( 基調講演 公民館の役割、再発見 )既報の第56回東京都公民館研究大会に参加してきた。課題別集会の準備と運営、片付けと反省会、集合8時30分から17時15分までの長丁場だった。大会には東大和市からも13名が参加。

開会式に続く午前中は、「公民館の役割、再発見」というテーマで、佐藤一子氏(東京大学名誉教授)による基調講演が。午後からは、4つの会場別の課題別集会に分かれ、79名の参加を得た第四課題別集会(会場は小ホール)に参加した。

第四課題別集会は、「公民館講座受講後の活動の継続と発展」をテーマに、2つの活動事例発表を聴き、それを受けたグループ討議へと進む。

東京都公民館研究大会東京都公民館研究大会
東京都公民館研究大会・昭島市長の挨拶(左)と大会案内チラシ(右)

グループ討議とまとめは12のグループに分かれて、そして各発表へと続く。課題別集会の助言者としては、昨年に続き倉持伸江氏(東京学芸大学教育学部生涯教育分野准教授)が付き、事例の整理や問題提起、講評などをサポートしていただいた。

参加者には、都公連加盟11市から集められた「公民館講座等から生まれた活動団体事例集」も配られ、第四課題別集会のテーマ副題、〜学びを超えて、さらなるステップアップ〜 の議論を深める一助に使われた。各グループとも、熱心な討議が交わされていた。

この研究大会を終えると、都公連委員部会運営委員会の当年度の活動も区切り(3回目)を迎えることになる。公民館の価値を高めていく活動は、公民館関係者の終わりのないテーマである...。

基調講演第四課題別集会
公民館研究大会・基調講演(左)と第四課題別集会の様子(右)

関連記事

最終更新日 : 2020-02-03

Comments







非公開コメント