fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 5農園 › 農業体験農園と市民農園

農業体験農園と市民農園

2019-12-15 (Sun) 06:52

「ダイコンとネギ!」...カミさんの注文を受け、農園に出向き、寒空の下で約30分の収穫作業(12/13)。農園の年内の講習は全て終わっていて、作物の育ち具合に合わせて、収穫と片付けに出向くだけの日々となった。

まずは青首ダイコンと三浦ダイコン、それに小さめの聖護院ダイコンを一本ずつ。続いて下仁田ネギと夏扇も数本ずつ。これで、カミさんの注文は済んだが、ついでに育ったカブとニンジンも数本ずつ。

育った他の野菜もあるが、ナバナ、赤カブ、ブロッコリー、コマツナ、シュンギク、キャベツ類は次の機会にした。

収穫191213農園全景191213
収穫のダイコン類、カブ、ネギ類とニンジン(左)と寒空の農園全景(右)

やすじぃの農園も来年は開設して15年目、こちらもお世話になって6年目になる。農業は奥が深く6年目となってもまだ新人だろう、次の年も新鮮体験を味合わせてもらうことになる、挑戦を続けてみたい。

やすじぃの農園は農業体験農園:
農家自らが開設して市民に利用してもらう農園、利用者は30㎡程度の区画の中で、農園主のきめ細かい指導のもとで農業体験に取り組む。それまで庭いじりをしたこともなかった!そんな素人でもお店に並ぶような野菜を作ることができる。

市民農園は:
市区町村や農業協同組合が農地を借り受け、あるいは農家自らが所有する農地を、10~15㎡程度の小区画に区切り、市民に利用してもらうタイプの農園。こちらは、何を作るのかを自分で考えて、比較的自由に農作物を育てることができる。



関連記事

最終更新日 : 2019-12-15

Comments







非公開コメント