fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 6シニアライフetc › 終末ケアが続く

終末ケアが続く

2019-12-03 (Tue) 06:55

愛犬ダンケの前回のブログ記事( 大学病院で診断のその後 )から3週間。大学病院で余命数週間と宣告されてからは、既に6週間を経過したことになる。体力、両後ろ脚が弱り散歩は難しい、一週間ほど前からは外には出られない状況となっている。

食欲はなく食餌は朝晩のケア用缶詰が少々、水はよく飲む、動物病院での点滴が2回/週ほど、部屋の中ではオムツ状態、排尿・排便もままならない。朝晩の導尿に、カミさんと2人がかりで取り組む。不本意ながら、そんな作業にも慣れてきてしまった。

これも不本意ではあるが、ダンケの終活にも手を付けざるを得なくなった。

ダンケ導尿朝191130ダンケ日向ぼっこ191125
朝の導尿中のダンケ(左)と部屋の外で日向ぼっこ中のダンケ(右)

上の画像は、朝晩の導尿中に膝の上で大人しくしているダンケ(左)と庭のデッキで日向ぼっこ中のダンケ(右)。身体も顔も少しづつ痩せてきた。下の画像は終活で、使わなくなって市内のボランティア団体に寄付したダンケ未使用の大型犬用ドッグフード(x 2)。

そういえば、静かにしている時の呼吸もほんの少しづつ荒くなってきている。飼い主のエゴになってはいけないが、直接言葉を交わすことの出来ない相手、こころは通う終末ケアでありたい。

ダンケ導尿中191202ダンケの終活191114
導尿中に大人しくしているダンケ(左)と未使用のドッグフード(x 2)・終活(右)


関連記事

最終更新日 : 2019-12-04

Comments







非公開コメント

ダンケちゃんが病気になって悲しいです。
せっかく知り合いになれて顔も覚えてもらえたのにね。
奇跡が起こることだけをお祈りします。
2019-12-03-19:33 はな父
[ 返信 ]

Junpei

Re: タイトルなし

ありがとうございます。不治の病に、本当に健気に頑張ってくれています。Junpei
2019-12-03-21:07 Junpei
[ 返信 ]