fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 6シニアライフetc › 大病院の外来患者数と対応

大病院の外来患者数と対応

2019-09-24 (Tue) 20:00

主治医の転任に伴い、2カ月毎に行っていた術後の経過検診・診察の病院を4月より築地の国立がん研究センターから御茶ノ水の順天堂医院に移した。7月からはその検診も3カ月毎に変更し、その間、ひと月単位で定時薬の処方箋をもらいに病院に出向く。

処方箋をもらうことだけが目的の病院通いだが、これが結構大変。午前中の受付は11時まで。受付処理機で受付を済ませ、担当の耳鼻咽喉・頭頸科の先生に処方箋をもらうまでに30分は要する。それから、会計の手続きを済ませるのに長蛇の列に並ぶ。

順番が来て、受付カウンターで処方箋に病院印を押してもらい、会計の処理がスタートする。それから自分の受付番号がパネルに表示されると会計機での精算を済ませることが出来る。この間、30分弱。

順天堂医大病院190917順天堂医大病院チラシ
御茶ノ水の順天堂医大病院(左)と後払いクレジットカードサービスの案内(右)


患者はそれなりに流れてはいるが、何しろ患者数がべらぼうに多い。ネットで調べてみると、今まで通っていた築地の国立がんセンターは1日あたりの外来患者数が1,301人、これでも凄いと思っていたが。順天堂医院の外来患者数は4,493人(2018年)だという。

1階の会計フロアがごった返すというには表現がオーバーだが、それにしても凄い数の外来患者数ではある。そんな訳で、案内チラシをもらった「あと払いクレジットサービス(あとクレ)」の利用も検討してみよう。サービス登録しておけば、会計待ちがなくなるという。(登録&利用料も無料とのこと)

関連記事

最終更新日 : 2019-09-24

Comments







非公開コメント

順天堂は事務処理の効率が悪いのですか。あらた
2019-09-25-08:20 あらた
[ 返信 * 編集 ]

Junpei

Re: タイトルなし

国立がんセンターと較べても、事務処理の効率は変わらない感じです。外来患者数は、国立がんセンターの3.5倍ですから。どうしても、人が溜まってしまいますね。Junpei
2019-09-25-08:49 Junpei
[ 返信 ]