FC2ブログ

Welcome to my blog

公民館・利用者連絡会への加入

Junpei

Junpei

公民館は市民の学習・文化活動や様々な地域活動の拠点として多くのサークル・団体に利用されている。その公民館の運営を円滑に進めるため、そして利用グループ間の交流を図るため、各館には利用者連絡会が組織され、利用者が主体的な運営を行っている。

それぞれの館毎に多少の違い(特徴)があり、利用者連絡会(利用連)を通して利用グループの枠を超えたつながりや広がりがあり、公民館を利用して活動することの意味を絶えず確認する場ともなっている。が、その利用連に加入する利用グループ数がどの公民館でも年々減っている。

そこで、法的にも100%加入となっているマンションの管理組合と任意加入の利用連とを比較してみた。

管理組合と利用者連絡会利用者連絡会
管理組合・利用者連絡会の比較(左)と利用者連絡会イメージ(右)

マンションには専有部分(居室)と共用部分があり、その共用部分を加入100%の管理組合が管理している。公民館は職員室以外はその殆どが共用部分であり、その適切な管理・運営なしに共同生活(利用)が難しいのは自明の理と思うが、いかが。

このことに課題意識を持つ上北台公民館・利用連ではこの7月から、公民館を定期的に利用していて、かつ未加入のサークル・団体とのグループミーティングを3回(昼間・夜・日祭日)計画した。未加入グループの人たちの意見も取り入れ、さらによりよい公民館活動に繋げていくために。

都合のつかないサークル・団体とはさらに個別の意見交換の場を持つ計画だ。

東大和どっとネットに参加しています、こちらもよろしく。
👉 http://higashiyamato.net/

最終更新日2019-06-13
Posted byJunpei

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply