fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 6シニアライフetc › デジタルファースト法成立!

デジタルファースト法成立!

2019-05-31 (Fri) 07:38

先週の24日、デジタルファースト法案が参議院本会議で可決、成立した。行政手続きを原則電子申請に統一するための法案。今後、例えば、引越しや介護の手続きがネットで完結出来るようになり、住民の利便性向上・行政の効率化、官民の生産性を向上につなげる。

そもそも、日本は社会基盤が変化するデジタル革新という本質を受け止めきれていないという見方がある。行政手続きの煩雑さは「ビジネス環境の評価」の低さにもなっており、電子化での簡素化で、海外企業や人材にとっての魅力向上にもつなげる。その官の第一歩。

日本の社会全体がこの変化を受け止め、誰もが挑戦していく必要があるのだろう。

デジタルファースト法案概要世銀のビジネスランキング
デジタルファースト法案の概要(左)とビジネス環境ランキング(右、日経5/25記事より)

デジタルという言葉を嫌う人たちが身の周りにも結構存在する。年配者を中心に、アナログでいいとして、デジタルを敬遠する。デジタル化という名の下に、効果の実態の伴わない商品やサービス、中には詐欺まがいのものも確かにあった。

そういう訳で、デジタル化を通じた変革、つまりデジタル変革と叫ばれても、それをよしとしない人はいる。昨年、トヨタ自動車は「自動車をつくる会社」から「モビリティ・カンパニー」への変身を表明した。事業の再定義を伴うデジタル変革に本気で取り組むという意思表明だ。

デジタル変革に目を背けている企業は、第4次産業革命期を生き残れない可能性がある。日本の行政手続きの電子化にはマイナンバーカードの活用が欠かせないが、現在の普及率は1割にとどまる。さて、デジタル革新を敬遠している個人は生き残れるか。官民の知恵と勇気の出しどころだ。少し、カタイ話となったかな。


関連記事

最終更新日 : 2019-05-31

Comments







非公開コメント