FC2ブログ

Welcome to my blog

デジタルアーカイブはOmeka

Junpei

Junpei

守るべき「知的財産」を電子的に保存する。世界の有志たちが立ち上がり、それに取り組んでいるのがデジタル・アーカイブ。その考え方、方法から乗り越えるべき問題を説いているのが、この本「デジタル・アーカイブの最前線」(著者:時実象一、講談社刊)。

その本の著者が講師となって、このほど開催された中央公民館講座「市民の手で『デジタルアーカイブサイト』を設立しよう!」(1/12 - 2/23)に参加。デジタルアーカイブとは、文書のデジタル化とOCR、写真のデジタル化、プラットフォームとネットワーク、公開にあたっての注意、そんなことを順に学ぶ5回講座だった。

講座はデジタルアーカイブの入門編。首尾よく目的のサイトが立ち上がるとすれば、そのプラットフォームはデジタルアーカイブ専用アプリ、Omeka なるものを使うということになる。Omeka?

デジタルアーカイブ講座デジタルアーカイブ講座1
本「デジタルアーカイブ最前線」・講座案内のチラシ(左)と講座風景(右)

Webサイト(ページ)を素人でもつくれるようになったのは、コンテンツマネジメントシステム(CMS)が登場してから。(左下画像) Webサイト 東大和どっとネット もこのFC2ブログ( つれづれだより東大和 )も確かにワープロ感覚でつくれている。

東大和どっとネット は アプリ WordPress で、つれづれだより東大和 はFC2 の用意したアプリ、これらがコンテンツマネジメントシステムと呼ばれる類だ。デジタルアーカイブをつくる(構築する)場合は、専用のアプリ Omeka を使うことになる、そして、これもCMSのひとつといえる。

さて、デジタルアーカイブの入門編講座は終えたが、実際にサイトをつくるとなると、まだまだ沢山のハードルがあるようだ。そのあたりは、また機会をみての報告としよう。今回は少しオタクっぽい内容となったかな、ご容赦!

コンテンツマネジメントシステムOmeka
コンテンツマネジメントシステムの解説(左)とOmeka の説明(右)


東大和どっとネットに参加しています、こちらもよろしく。

最終更新日2019-02-28
Posted byJunpei

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply