FC2ブログ

Welcome to my blog

空堀川 近づく春の足音

Junpei

Junpei

この日は早朝での外出を予定していたため、少し早い時間の散歩に出た(20日)。東大和の日の出タイムの6時20分、空堀川の高木三丁目、高木ふれあい橋からみる西には月がくっきり、遊歩道の水銀灯も未だ点いている。

こんな朝の時間帯でも、空堀川に水温む感じは伝わってくる。「三寒四温(さんかんしおん)」とは、この時期を指す言葉なのだろう。寒い日よりも、暖かくて穏やかな日の方が増えていく、空堀川の住人(野鳥)たちもそれを肌で感じているようだ。

この数日の朝夕の散歩で、カメラに残っていた住人たちのそんな様子をお届けしよう。飛んでいるところを見かけるものの呼吸が合わず、カワセミの姿をカメラで捉えることが相変わらず出来ない、残念!

高木ふれあい橋190220高木ふれあい橋東190220
日の出タイムの空堀川・高木ふれあい橋の西側(左)と東側(右)

高木ふれあい橋190221ダイサギ190225
高木ふれあい橋カルガモ・20日の早朝(左)とダイサギ・25日の夕方(右)

朝の散歩はセカセカと「運動」を意識して済ませてしまうことが多い。次は植物の伝える春の足音にも注目して歩いてみよう。

東大和どっとネットに参加しています、こちらもよろしく。

最終更新日2019-02-26
Posted byJunpei

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply