FC2ブログ

美味い!ふろふき大根

日曜日(13日)、残っていた最後の三浦大根を収穫。ミウラの名前のとおり元々は三浦半島で栽培され、三浦産のダイコンが正式に三浦大根と命名されたのは1925年(大正14年)のことだという。ダイコンの収穫はもう少し後でよいとカミさんから言われてはいたのだが。

この日は今年度の農園講習の最終日、次年度に向けての説明を受け、契約書をもらう。合間に区画に残った収穫作業。これで、ニンジン、コマツナ、ブロッコリーは全て終了。ホウレン草がもう少し。後は聖護院ダイコン、ネギ、キャベツ、ハクサイを残している。

収穫を終えた後の畝の撤収や耕し作業も控え、秒読みとまではいかないが、1月末まで、日にちを読んでの農園通いが続く。

収穫三浦ダイコン190113やすじぃの農園190113
左からブロッコリー、ニンジン、ホウレン草、三浦ダイコン、コマツナと農園の看板

三浦大根は、なで肩で首の部分がきゅっと細くしまり、中央部がふっくらと太い。真ん中あたりが最も太いのが三浦大根の特徴で、重みがずっしり、きめ細かい肉質なので煮くずれしにくい。この先の扱いは、カミさんにお願いということに。

ということで、カミさんに仕上げてもらったのがこれ、柚子味噌ダレのふろふき大根。風呂吹き大根の由来は諸説あるらしいが、ともあれ、アツアツの大根をふぅふぅ息を吹きかけ冷ましながら食べた、美味い!

風呂吹き大根の柚子味噌ダレ190116
三浦大根で柚子味噌ダレの風呂吹き大根


0Comments

Add your comment