FC2ブログ

Welcome to my blog

GAFAが世界を変えつつある

Junpei

Junpei

GAFA(ガーファ)の言葉が新聞紙上をにぎわす。Google、Apple、Facebook、Amazon――GAFA。世界で最も影響力のある4社で、この4社が今の生活とビジネスのルールを根本から変えつつあり、これからも変え続けるという。

検索エンジンやクラウドなどを提供する「Google(グーグル)」、デジタルデバイス(Phone・iPad・Mac他)やソフトウェアなどを提供する「Apple(アップル)」、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)を提供する「Facebook(フェイスブック)」、世界最大のネット通販を運営する「Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)」、この4社の頭文字をつないだ呼称(造語)で、世界的に個人データを圧倒的な規模で集めている勝ち組企業であり、プラットフォーマーとも呼ばれている。

なるほど、振り返ってみると今の生活は Facebook はともかく、他の3つにドップリと浸かっていることに驚く。

日経新聞181030米国株式時価総額
日経新聞切り抜き(左)と米国株式時価総額/4社の成長チャート(週刊東洋経済より、右)

左上画像は昨日(10月30日)の日経新聞朝刊から、右上画像は昨日のYahooファイナンス(ネット情報)からのデータに週刊東洋経済 2018年4月28日-5月5日合併号にあったイメージチャートを被せたもの。

インターネットの時代、パソコン、モバイルの検索やカレンダー、Youtube、Google Map等、Google 抜きには考えられない生活になっている。普段の自分の買い物はアマゾンがますます増え、持ち歩くのはiPhone、iPad となった。

買い物の履歴を含めた膨大な個人データがそれぞれに蓄積され、彼らの事業に活用される。GAFAはそれを集約して活かし、便利なサービスを無料または経済的な価格で提供する。世界中から支持を受けるこれらの事業モデル、それぞれの分野で市場を席巻しつつある。「私」の管理も含めて、大変な時代となってきた。この日経新聞の記事では、IBM、マイクロソフト、アドビシステムズを古参IT企業と称して扱っていた、これもウ~ンとうなる。

東大和どっとネットに参加しています、こちらもよろしく。

最終更新日2018-11-03
Posted byJunpei

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply