営巣そこは無理だカワセミ君

日曜(5/13)の朝の散歩、久し振りにカワセミの飛ぶ姿を目にした。ふた月くらい前から始まっている遊歩道(奈良橋5丁目)のすぐ脇の宅地造成の工事現場、その一画から飛び出してきては、暫くするとまたその場所に戻っていくようだ。

遊歩道からは死角となっていて見えないが、その工事現場の土を掘削した土壁風のその場所(右下画像の赤丸部分)に巣をつくったようだ。大変な場所に巣づくりを仕掛けたものである。確かに翌日(月曜)朝の早い時間帯にも出入りしているのを目にした。

工事の進捗が気になるが、カワセミの営巣、この先どうなるだろうか。火曜(5/15)の様子と共にお届けしよう。

工事現場のカワセミ工事現場で巣づくり
カワセミの止ったフェンスの後ろは水の流れていない旧河川(赤丸辺りが営巣の場所)


カワセミ180515宅地造成地180515
巣づくり攻防どうなるだろうか、火曜(5/15)の朝

火曜(15日)の朝の工事の進捗を見ると、もう限界だろうな。

ボニンブルーの海・小笠原 | Home | 空堀川・必殺技のその瞬間

コメント

心配ですね

 どうにも出来なくて、手をこまねるばかりです。
 もう少し上流にすれば良いのにと残念です。

2018/05/21 (Mon) 20:01 | 野火止用水 #- | URL | 編集
Re: 営巣そこは無理だカワセミ君

先週半ばにはとうとう姿を見なくなりました。如何ともし難かったですね。土壁風の崖や適当な土手が減り、見かけることが少なくなっているように思います。Junpei

2018/05/22 (Tue) 08:35 | Junpei #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する