遊歩道の花・季節は立夏

空堀川の遊歩道、いくつかの植え込みをボランティアの方が手入れを絶やさずにいてくれる場所がある。他の誰かが手を入れ過ぎた場合には、注意書きが添えられていることもある。奈良橋5丁目辺りのそれぞれを紹介しよう。

左下画像はボランティアの方が季節季節の花を整え、いつも散歩の足を止めさせる植え込み、今は白と赤のシャクヤクが見事だ。それぞれ拡大した画像を下に載せた。右下画像は誰かが先日、ナガミヒナゲシ(危険外来植物)を植えた。

横に「配慮するように」と注意書きが添えられていた。前の日の夕方、全てのナガミヒナゲシの花が摘み取られていると思ったが、翌朝は一晩でもうこんなに沢山の花が。

遊歩道の植栽180430ナガミヒナゲシ180430
手入れのゆき届いた植え込み(左)と危険外来植物とかのナガミヒナゲシ(右)


遊歩道のシャクヤク1遊歩道のシャクヤク2
手入れのゆき届いた植え込みの白と赤のシャクヤク


ついでに季節を過ぎてしまった遊歩道、高木3丁目辺りのつつじをお届けしよう。いよいよ季節は立夏、この日(06日)から立秋の前日までが暦の上では夏となる。新緑に彩られ、さわやかな晴天が続く季節。レジャーにもよい気候となった。

空堀川・盛りの頃のつつじ
盛りの頃の空堀川のつつじ


小笠原諸島の旅-航海編 | Home | 町田市生涯学習センターへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する