fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 6コミュニティetc › 振り込め詐欺急増中!

振り込め詐欺急増中!

2012-11-16 (Fri) 09:25

各家庭に配られる警視庁からの広報けいしちょう第56号(11/11)のトップページに、振り込め詐欺の全面記事が載っていた。振り込め詐欺急増中!を訴える特集だ。警視庁振り込め詐欺対策HP によると、振り込め詐欺の中のオレオレ詐欺・平成23年の被害額は90億円を超えている。

丁度十年ほど前、我が家にも振り込め詐欺電話がかかった。結果として危うく難は逃れたが、電話を通じてのその「演劇」はすばらしく巧みなものではあった。

「自分は絶対にだまされない!」という過信は禁物。「振り込め詐欺は他人事ではない」という心構えを持つ。被害者の97%は「電話の声を聞けば、本物の家族や身内の声なら聞き分けられると思っていた」と答えた...等など、詐欺の電話を実際に受けとった体験からしても、その記事にはもっともなことが書かれてはいるのだが。

それは、10年ほど前の土曜の午後のことだった。車で事故(少女をはねた)を起こしてしまったと泣きじゃくった次男(と名乗る)からの電話だった。かろうじて名前は確認できた。とにかく電話の向こうで混乱している様子が伝わってくる、こちらも本人を落ち着かせようと必死になっていた。

そこに保険会社から事故処理の依頼を受けてきているという弁護士が電話に代わって出た、事故の詳しい状況や被害の少女の様子、今後の処理の進め方などをことさらに冷静に説明しはじめた。思わず聞き入る...。

裁判が始まる、X時から霞が関のXX小法廷で、今なら急ぎ示談が間に合う、できれば示談で処理を済ませたい、必要なお金を銀行から振り込んで欲しい...。会話が進むほどにこちらも冷静さを取り戻し、疑問も感じ始めた、そして、こちらの詰問(土曜に裁判?土曜に振り込み?)に突然電話は切れた。典型的なオレオレ詐欺だった。

平常時ならばそれはおかしい、そこは不自然等など、いろいろと冷静な対応もできるだろう。が、その場面を巧みに形づくられて巻き込まれてしまう。一度、パニック状態に陥ってしまうと人間は弱い。ネットでみてみると、被害を防止のための関連サイトも沢山ある。それだけ深刻な問題だということだ。

時間のある時に参考にみておこう。
詐欺ニュース一覧 | 詐欺相談センターのサイト
関連記事

最終更新日 : 2018-07-16

Comments







非公開コメント