FC2ブログ

つれづれだより東大和

つきあう 病との共生

昨年の春から、経過検診を築地の国立がん研究センターからお茶の水の順天堂医院(順天堂大学医学部附属順天堂医院)に移した。(主治医の先生の転任による) そして、状態も安定してきたことから7月、その検診を2ヶ月毎から3ヶ月毎に変更した。今週(28日)の3ヶ月検診での血液検査では、注目の腫瘍マーカー(CEA)の値も安定していることが確認できた。お付き合いをしている甲状腺がんの場合は腫瘍マーカー(CEA)の推移で、その状況(良否)...