FC2ブログ

つれづれだより東大和

デジタルアーカイブはOmeka

守るべき「知的財産」を電子的に保存する。世界の有志たちが立ち上がり、それに取り組んでいるのがデジタル・アーカイブ。その考え方、方法から乗り越えるべき問題を説いているのが、この本「デジタル・アーカイブの最前線」(著者:時実象一、講談社刊)。その本の著者が講師となって、このほど開催された中央公民館講座「市民の手で『デジタルアーカイブサイト』を設立しよう!」(1/12 - 2/23)に参加。デジタルアーカイブとは、文...

空堀川 近づく春の足音

この日は早朝での外出を予定していたため、少し早い時間の散歩に出た(20日)。東大和の日の出タイムの6時20分、空堀川の高木三丁目、高木ふれあい橋からみる西には月がくっきり、遊歩道の水銀灯も未だ点いている。こんな朝の時間帯でも、空堀川に水温む感じは伝わってくる。「三寒四温(さんかんしおん)」とは、この時期を指す言葉なのだろう。寒い日よりも、暖かくて穏やかな日の方が増えていく、空堀川の住人(野鳥)たちもそれを肌...

東大和市駅前出発の河津桜

東大和市の駅前から出発する日帰りバスツアーに参加(2/20)。行き先の目玉は、早咲き桜の伊豆の河津町と伊豆の国市・江間地区のいちご狩りセンター。(伊豆の国市は、2005年に伊豆長岡町、大仁町、韮山町が合併してできた市)この旅行会社の「桜といちご狩り」バスツアー、東大和市駅だけの出発で募集されていたが、なんとバス2台。添乗員さんによると、用意した大型バスの定員46名に対し47名の応募があったとか。という訳で、バス2台...

タンザニア支援活動での話題

時々のブログ記事( 話題はプログラミング授業 )等で、一般社団法人キリマンジャロの会のアフリカ・タンザニアへの支援活動を紹介している。支援活動は「さくら女子中学校」の設立と運営、その活動の近況を報告しよう。 18日(月)の定例会では報告事項として、1)2018年度決算報告、2)2019年度の奨学生と支援者のマッチング作業、3)TBS「ニュース23」(2月11日)での放送内容(さくら女子中学校)、4)タンザニア現地報告、5)各...

新聞記事から動画-日経AR

昨日(2/19)の日経記事(ホンダ英工場閉鎖の記事)の写真の脇に、見慣れないマークがあった、左下画像の赤丸。読んでみると、新聞記事などからARコンテンツを表示するスマートフォンアプリの「日経AR」に連動する記事となっている。早速、スマホアプリをインストールして、起動。スマホアプリに表示されたマーカー(枠)に新聞記事のアイコン写真をかざすと数秒で、ニュース動画が現れた(右下画像)。なるほど、新聞もスマホアプリの力を...

空堀川 アオジとゴイサギ

まだ寒い日が続いているが、暦の上では立春から2週間を過ぎ、着実に春に向かっている。季節は雨水(うすい)、この頃から草木も芽を出し始める、昔から雨水は農作業の準備を始める目安とされてきた。日曜(17日)の朝、いつもよりは遅めの8時過ぎの散歩に出る。陽射しもよくカワセミ狙いのつもり、の散歩ではあったが。残念ながらこの日も川面を飛ぶ姿は見みかけたものの停まってポーズをとる、そんなシーンには出会えなかった。眼を凝...

スマホ画面を液晶テレビで!

東大和どっとネットの活動のひとつ、誰でも参加できるスマホだべりサロン。4つの公民館(狭山、蔵敷、中央、上北台)で、それぞれ月1回開催している。参照記事( 中公スマホだべりサロン第1回 )。このサロン活動で、スマホの画像を大画面の液晶テレビに映せないかということが話題となった。その調べた結果がこれ。①iPhone/iPad についている AirPlay機能*を使ってミラーリング表示する、アンドロイド系スマホの場合はGoogle Homeアプ...

作陶展に出向く

以前のブログ記事( 今年の作陶展 )でも紹介した友人の作陶展に出向く(2/12)。昨年は自身の入院と重なり行けなかったのだが。例年この時期に開催される藤ノ木弘和作陶展、東急吉祥寺店・美術工芸品売り場の恒例のイベントとなっている。この日(2/12)は作家来場日となっていて、作品鑑賞を楽しんだ後、本人とも近況等の久々の短い会話を交わすことが出来た。作家の藤ノ木氏、早くに脱サラして陶芸の道に入り、修業の後、栃木県益子に...

空堀川 薄っすらと雪化粧

日曜(10日)の朝はスッキリとした晴れ、前日の夕方から降りだしたあられ風の雪、この朝もうっすらと残っていた。昨年2月のブログ記事( しばらく続くペンギン歩き )の時のように、朝の散歩時のダンケ、興奮して駆けだすほどのことはなかった。目にとまった空堀川の住人たち、何ごともないようにいつもと変わらぬ朝を楽しんでいた。ダイサギ、くちばしの色は繁殖羽では黒、非繁殖期は黄色をしていて、脚は黒っぽい。キセキレイ、いつ...

二月文楽鑑賞会・文楽を聴く

久々に国立小劇場で文楽を聴く(2/08)。演目は「大経師昔暦」(だいきょうじむかしごよみ)、近松門左衛門作、正徳5年(1715)春、おさん&茂兵衛三十三回忌の当て込みで、大阪竹本座で初演された。演目を聞いただけでは、う~ん、という感じではあった。今回は国立劇場会議室を使っての1時間の解説(専門家による)があり、それから文楽鑑賞(約3時間)に臨む。早めに着いて、事前に文楽入門(鑑賞のしおり)も読み、さらに劇場のイヤホンガ...

空堀川の野鳥 立春の頃

今朝の東大和市の日の出は6時36分、早い散歩タイムのこの時刻、空堀川の野鳥も動き始める。季節は立春を迎え、暦の上では春が始まった。野鳥たちも春めく、このところの空堀川の朝の野鳥の様子を報告しよう。最初にセグロセキレイ、特徴は頬の辺りが黒い、カメラを覗いて観てみるまではハクセキレイと区別がつかない。ハクセキレイはこの頬の部分が白いという。陽があたり、水温む場所は野鳥たちのたまり場となっている。たまり場...

わが家のアマゾン依存度

以前のブログ記事( GAFAが世界を変えつつある )で、世界で最も影響力のある4社、GAFA(ガーファ)、Google、Apple、Facebook、Amazon、これらが、生活とビジネスのルールを根本から変えつつあり、これからも変え続けるということを書いた。今回はその amazon(アマゾン)について。アマゾンは既にクラウド事業の世界トップだが、モール型EC、つまり、ネット通販でも米国市場の半分を占め、日本でもシェア20%を超えるまでになっている...

打ち止め 大根の千枚漬け

久々の雨があった翌日(01日)、農園に出向き、残った野菜(ネギとハクサイ)の収穫を終える。春作作業から秋作作業と続き、1年間お世話になった区画での残菜片付け作業、そして区画に元肥料(有機肥料)を入れて、最後の耕し作業を終えた。今年は雪も降らず、凍土を耕すこともなく無事な農園の最終フェーズとなった。その天候に感謝。作柄も、1年を通してほぼ豊作といえる年となり、農園にも感謝。午後、先週収穫した聖護院大根を使い、...

スマホ契約をひとつに

ポケット WiFi 代わりに使っていたスマホ(HUAWEI P9 lite)が丸2年を経過、当ブログ記事( ポケットWiFiをスマホに )で紹介、ということで、これを解約(ワイモバイル)して、メインのスマホ・iPhone 6S(PCデポ契約)に一本化した(2/01)。一本化に伴い、iPhone 6S の契約(PCデポのサービス JUST PRICE FON )内容を今までの1GBプランから10GBプランに変更。ポケット WiFi 代わりのスマホ( HUAWEI P9 lite )は6GBプランだったので、今後は...