最速の夏 秋作の準備スタート

29日は農園の講習日、この日はネギの定植。秋作の準備が始まった。ジャガイモの収穫を済ませた畝を耕し、その後に、ネギ(夏扇x30本と下仁田x20本)を定植、そして収穫作業も少し。たっぷりと汗をかいた。トマト、ピーマン、ナス、ズッキーニ、インゲンが収穫期にあり、そして、トウモロコシ、エダマメ、キュウリがここ1週間ほどで収穫期に入る。これから暫くは収穫作業でも忙しくなる。本日2018年6月29日、関東甲信地方でなんと梅雨...
続きを読む

空堀川・季節は夏至

暦の上では夏の折り返し地点を過ぎ、太陽の高く昇る1年で最も昼が長い夏至となり、やはり日が照れば既に十分暑い、真夏の予行演習のようだ。散歩時の養子君ダンケの吐く息も荒くなってきた。遊歩道から川に目をやった夏のシーンのいくつかをカメラで捉えた。雛10羽を見守るカルガモ親子の一団、高木3丁目。カルガモにとって、天敵の少ない空堀川とはいえ皆無事に育って欲しいものだ、母は凄い。(左下画像)小魚の沢山跳ねる(赤丸)...
続きを読む

このところのツレヅレから

毎月の第3週は比較的、都内に出向くことが少ない。徒然(ツレヅレ)とは、変化のない環境で感ずる退屈。手持ち無沙汰(ぶさた)のこと。ということで、手近な話題をいくつか。 今年のNHK大河ドラマ、西郷どん(せごどん)の第24回が終わった。時間が十分にあった2月の入院中に、見舞いの差し入れにあった大河ドラマのガイドブック「西郷どん」(前編)を読んだ、面白い。そのことから味をしめ、このガイドブックの後編を買って読む。ドラマ...
続きを読む

ジャガイモの...実!

ジャガイモは24日までに収穫する!やすじぃの農園からそんな指示が出ていた。23日(土)は「曇後雨」、天気予報をにらみながら、「晴れ」マークの出ていた22日(金)早朝、ジャガイモ収穫で農園に出向いた。残っていた北あかりとメークインをまず収穫。北あかりの収穫時に気になっていたのが、これ(左下画像)。茎にプチトマトのような実がついている。紛れもなくジャガイモの実だ!調べてみると、品種によっては花の後に実が成るようだ...
続きを読む

タンザニア支援のボランティア

時々のブログ記事( タンザニア女子中学校の支援 )等で、一般社団法人キリマンジャロの会のアフリカ・タンザニアへの支援活動を紹介している。支援する中学校の名前は、さくら女子中学校、その近況を報告しよう。プロジェクトリーダーであった岩男壽美子氏の1月の急逝で、一時、機能不全に陥りかけたプロジェクト、既にご子息の古谷公文氏を後継のリーダーとして、故人の悲願、そして強い遺志でもあったさくら女子中学校運営の成功...
続きを読む

梅雨の合間のジャガイモ掘り

梅雨の季節、雨の続く日の合間を縫った日曜日(17日)、やすじぃの農園に。この日、小金井から応援に来てくれた長男家族、その6歳になる孫と一緒にジャガイモ掘りを楽しんだ。4年続けてのジャガイモ掘り、わが家の6月の恒例イベントとなった。ジャガイモ掘りは、毎年このブログでも取りあげているので、写真を並べると孫の成長振りが見える。最初に畑に来た頃は、土いじりの苦手だったシティボーイも今は6歳、土でも虫でも平気で楽し...
続きを読む

ダンケの事情、このところ

先日のブログ記事( 子育て業界も人手不足! )でぺットケア業界の人手不足事情を紹介したが。養子君ダンケ(♂、ゴールデンレトリバー)のシャンプー予約が2か月間取れていない。だからといって、しない訳にもいかず...。先週、市内に住む娘に応援を頼んでやっとダンケのシャンプー&トリミングを済ませた、仕事休みの日に。娘はこの手の作業の手際がよい。瑞穂のジョイフル本田・ペットセンター内にあるセルフウォッシュルームを時...
続きを読む

まちなかサロンのボランティア

過去にもブログ記事( まちなかサロン、スタート )等で紹介した中野区でのボランティア活動のお話。「まちなかサロン・コスモス畑」も4年目、軌道に乗ってきた。久々に参加のこの日、集まったのは運営スタッフの4名を含め総勢15名。当然のことながら、地域のご近所さんが多い。ご近所からの11名の内訳は、男性3名に女性が8名。いつものように、お茶とお菓子でしばしの「語らいタイム」の後、この日は絵手紙教室と2つの麻雀グループ...
続きを読む

元気印のハルシャギク

空堀川の河原、咲き誇るハルシャギク(波斯菊)は目を見張るばかりだ。今年は昨年よりも河原に沿ってさらに広範に黄色い帯のように大群生している。北アメリカ原産で明治の初めに観賞用として移入されたという。今は、河原などの荒地、道端や空き地、いたるところで野生化し、非常に強い繁殖力がある。花の周辺が黄色で、基部がワインレッドのツートンカラー。蛇の目模様に見えることから、ジャノメソウ(蛇目草)やクジャクソウ(孔雀...
続きを読む

再び朝のひと仕事

朝のひと仕事、とはいってもこちらは先週の空堀川のアオサギの話。この日は早起きして養子君ダンケの散歩を済ませたが、散歩の途中で見かけた、川上の方に飛んでいくアオサギが気になり、デジカメ片手に再びその方向を辿ってみた。奈良橋6丁目で、悠然と歩いているアオサギを見つけ、少し後方から追う。追跡して直ぐに、「朝のひと仕事」をするアオサギのシーンを捉えることができた。アオサギ得意の必殺技、獲物を捕らえるほんの...
続きを読む

カワセミ君の営巣探し

朝の散歩で、ほぼひと月振りにカワセミの姿を捉えた。先月のブログ記事( 営巣そこは無理だカワセミ君 )で紹介した奈良橋5丁目の宅地造成現場だ。2羽のカワセミが建設中の工事現場の塀の上から交代で、敷地内の盛り土の辺りを何度も眺めていた。カワセミ君にとって、工事現場の盛り土は巣づくりの場所として魅力的に映るらしい。切リ立った崖状の場所、ヘビやイタチ等に襲撃されない、河川の増水時に水没しない、小魚の豊富な川にも...
続きを読む

朝のひと仕事

農園(やすじぃの農園)では、ズッキーニの受粉作業の季節となった。曜日別に都合のつく人たちが交代で早朝駆けつけ、自分の区画だけでなく、それぞれが20区画くらいづつを見てまわる。という訳で、養子君ダンケとの散歩を終えて農園に(6/07)。ズッキーニの受粉作業は、雄花、雌花の花が開いている朝の7時前が勝負、なので駆けつけるお仲間も皆朝が早い。1つの雄花の花粉で、4~5個の雌花への受粉作業ができる。受粉出来なかった雌花...
続きを読む

水の流れが消えた旧空堀川

旧空堀川からついに水が消えた。奈良橋6丁目と蔵敷3丁目間で進む空堀川整備工事、東芝中橋の架け替え工事と共に全長274m が今年の10月末までの計画で整備されている。工事の進捗に合わせ、最後まで残っていた「水の流れる」旧空堀川が消えた。左下画像は今回の整備工事の最東端。上に見える旧空堀川からの水が消えて、左に整備中の新空堀川に流れが移った。この辺りは釣りなどの水遊びをする人たちも多く、しばらくは落ち着かない...
続きを読む

ジャガイモの試し掘り

昨日(2日)は快晴、講習で農園に出向く。作業の主な内容はキュウリの定植、それにジャガイモの試し掘り。他にもトマト、ピーマン、ナスの脇芽摘みと誘引作業を行う。それに葉物を収穫した後の畝に追肥(過燐酸石灰)を行う。これは秋作に向けた準備。ジャガイモの収穫時期、既に花は枯れて茎や葉っぱもしおれてきたら収穫OK、ということで試し掘りを。今年はメークインと北あかりに加えて、ひと株のシャドウクイーンも(左下画像)。...
続きを読む

子育て業界も人手不足!

今日は月初日(01日)、養子君ダンケの7月のシャンプー&トリミング予約をすべく、いつもの動物病院に向かった。9時前ではあったが予約客が既に十数名。その内3~4名は怪我・病気の診察待ちのようではあった、少し出遅れた!結局、何日かの希望日の予約は撮れなかった。子育てとはいってもペットの話ではある、トリミングを担当していた動物看護士さんがふた月ほど前に退職して、人繰りの台所事情が苦しいらしい。ということで、予約...
続きを読む