ソーシャル系大学に舵を切る

公民館講座の延長的な運営であった現在の市民大学(東大和グリーンカレッジ)も5年目を迎え、来年度からはこれまでの活動に一線を画す、新たなソーシャル系大学「ヒガシヤマト未来大学」に移行する。

ソーシャル系大学は学校教育法が定める大学ではないが、地域の若者を巻き込み、もっとカジュアルな学びのための様々なプログラムを持つ新しい形のまちおこし活動といえる。シブヤ大学をはじめ、ここ数年様々な地域で始まっているこの取り組みに、当市もNPO法人マイスタイルの参画を得てスタートする。

その設立プロジェクトの立上げともいえるメンバー募集の説明会が先日(5/27)、南街公民館を会場に開催され、いよいよ動き出した。現在、メンバー募集の期間をさらに延長し、大きな輪に広げるべく準備中だ。

ヒガシヤマト未来大学開校までのスケジュール
当市でもソーシャル系大学への取り組みが始まった


「ヒガシヤマト未来大学」はまちの未来を創造するための学びの場を目指してプロジェクトメンバーを募集中、詳しくは市のホームページ( 「ヒガシヤマト未来大学」をいっしょにつくりませんか )をご覧頂きたい。

畑・夏野菜の収穫 | Home | ワードプレスドットコムとは?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する