空堀川・カワセミその後の攻防

先週(8日)のブログ記事( 空堀川・カワセミ事件発生! )以降の状況を報告しておこう。

空堀川改修工事(奈良橋6丁目)の時期が近いようで、その翌日(9日)、なんとその場所のブルーシートが5枚にも増えていた。この巣づくりの攻防どうなる?と気をもんでいたのだが。10日朝の散歩で取材したカワセミウォツチャー氏によると。

地域の方が「東京都」に掛け合って、この場所の工事着工を7月一杯は待ってもらうように話を付けたという...。よかった。

親鳥が餌を持ってきてくれるのを待つカワセミの幼鳥、巣立ちして一週間、餌取をマスターして自立しなければならない時期が間近に迫っている。

カワセミ170611カワセミ170610
↑ 10日と11日朝いつもの場所で幼鳥を観察 ↑


確かに10日の朝、事件の現場を確認すると、9日朝のブルーシートの状態からその巣のある一画だけカワセミが巣を出入りできるようにシートの一部を剥がした状態にしてあった。下の画像は9日の朝の状態。暫くはその様子を注目しておこう。

巣の攻防170609
↑ 9日朝の事件現場

畑・ジャガイモ掘りと歓声 | Home | 畑・ズッキーニの収穫

コメント

いい話ですね

ギスギスしがちの昨今、ほのぼのとした気分になりました。
護岸を全部コンクリート系にしないで、土の部分を残す工夫が欲しいですね。

2017/06/15 (Thu) 19:44 | 野火止用水 #- | URL | 編集
Re: いい話ですね

そうですね、とにかくホッとしました。Junpei

2017/06/15 (Thu) 23:37 | Junpei #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する