犬飼三千子展@Gallery Okabe

芸術の秋、という訳ではないが。不得手な絵画鑑賞に挑戦する(?)とともに同輩の活躍振りを見てきた。犬飼三千子展が昨日までの1週間(10月02日~07日)、銀座のギャラリー・オカベ(Gallery Okabe)で開かれていた。ギャラリー・オカベは銀座4丁目、和光の裏手にある。

画家の犬飼三千子、その作品は平面を描くだけでなく版画もある、立体作品もつくる、今回はその中の十数点が展示されていた。ギャラリー散歩の30分ほどの間、本人の作品紹介や挨拶もそこそこに、となるほど訪問客が引きも切らない盛況ぶりだった。

銀座の一等地での個展や他に年に数回の出展も続けている、幼なじみの同輩の生涯現役のその活躍ぶりに今年も感服。

犬飼三千子展2017
犬飼三千子展の案内ハガキ

犬飼三千子展のギャラリー1犬飼三千子展のギャラリー2
犬飼三千子の作品展@ギャラリー・オカベ

以前のブログ記事( 近江路を旅チャリで往く1 )、春の旅にも一緒した旅仲間、これからもアクティブなシニアライフを続けてくれるだろう。

趣味・余暇よし、生涯学習もよし、地域活動への参加やボランティアよし。だが、シニア世代のライフスタイルとして、「生涯現役」でやりがいのある仕事を続けられるならば、それは素晴らしいことだ。

アンニョンハセヨ韓国No.3 | Home | アンニョンハセヨ韓国No.2

コメント

No title

絵画もたしなむ、幅広い趣味ですねー。

2017/10/09 (Mon) 15:16 | さやまのサヤ #YG9ONXHE | URL | 編集
Re: No title

抽象画は難しい。「たしなむ」というよりは、まずお付き合いですね。Junpei

2017/10/10 (Tue) 00:51 | Junpei #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する