アンニョンハセヨ韓国No.3

安東(アンドン)市、3日目の午前中は慶尚北道(キョンサンプット)の歴史と文化の街として知られる、その代表格の河回村(ハフェマウル)の観光。600年前の姿そのままに、両班(ヤンバン)の子孫が今も暮らす歴史と伝統の村である。

市の中心部から車で40分ほどのところに瓦葺きや藁葺きの韓屋(ハノッ)が良好な状態で保たれていることから、2010年にユネスコ世界遺産に指定された。村の名は洛東江(ナットンガン)が村をS字型に回るように流れていることから名付けられた。その様子は高台の芙蓉臺(プヨンデ)から眺めるとよくわかる。

豊山・柳氏が600年あまり暮らした同姓村で、韓国の人気男優・歌手のリュ・シウォンの実家があることでも有名。

安東・河回村観光170926韓国三都めぐりマップ
安東・河回村(ハフェマウル)案内板と三都めぐりマップ

村の回りを流れる川(洛東江)の向こう岸に切りだった断崖絶壁の芙蓉台、そこから眺める河回村の全景が神秘的だと言われている。地形は丁度、埼玉県日高市の巾着田を大きくしたような感じだ。

芙蓉台170926安東河回村


案内によると、安東河回村の人口は232名(男112、女120)、世帯数125(豊山柳氏67%)、建物は瓦屋50、藁屋63、その他29となっている。なるほど、村を歩くと「韓国の美と伝統が息衝く場所」といううたい文句の雰囲気が伝わってくる。

瓦屋と藁葺屋が良好な状態で保存されている村の様子
村の様子1村の様子2
村の様子3村の様子4
韓国の人気俳優・歌手のリュ・シウォンの実家(左)と村はずれの民家(右)

韓国式朝定食(左)とご当地グルメ・安東チムタク(甘辛鶏肉炒め、左)
韓国式朝定食170926チムタク甘辛鶏肉炒め170926


河回村でゆっくりめの昼食をとり、それから約3時間半をかけてソウルに向かう。車窓からの南大門と漢江(ハンガン)観光で一旦、ホテルに。ひと休みした後、ショッピングと食事(夕食は骨付きカルビ)、夜の明洞(ミョンドン)街歩きに向かった。

空堀川・カワセミの縄張り | Home | 犬飼三千子展@Gallery Okabe

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する