アンニョンハセヨ韓国No.2

韓国ツアーの2日目。向かった慶州(キョンジュ)は、紀元前57年から935年まで、約1000年もの間、新羅の都として栄えていた、そして今は世界遺産のある町として知られている。巡った世界遺産は、仏国寺(プルグクサ)と石窟庵(ソックラム)、大陵苑・天馬塚(テヌンウォン・チョンマチョン)の3か所。

釜山から慶州に向かう途中、韓国三大名刹寺院の通度寺(トンドサ)に立ち寄り、さらに北に向かって慶州へ。慶州は人口27万、韓国最大の観光エリア、世界遺産に加え、歴史的建造物も多く残っていて屋根のない博物館ともいわれるほど。

ソウルからKTX(超高速鉄道)でのアクセスが可能となって、釜山とセットでの観光はもちろん、ソウルからの日帰り観光客もかなり増えているとのことだ。


世界遺産・仏国寺紫霞門韓国三都めぐりマップ
世界遺産・仏国寺の紫霞門と韓国三都めぐりマップ

仏国寺(プルグッサ)、1995年にはユネスコの世界遺産に認定され、韓国が世界に誇る宝となっている。6つの国宝を始めとして統一新羅時代に作られた貴重な文化財だ。仏教の教えから見ると、ここは俗世を離れ清浄たる仏の世界に足を踏み入れる場所で、仏の国を訪ね、極楽浄土に導かれる場所となっている。

世界遺産・仏国寺仏国寺・大雄殿
仏国寺・手前の安養門、奥側の紫霞門と大雄殿に釈迦塔・多宝塔


石窟庵(ソックラム)、同じく1995年に仏国寺とともに「石窟庵と仏国寺」として世界遺産(文化遺産)に登録された。新羅時代の751年に着工されたとされる。本尊はガラス越しでもあり、撮影禁止となっていることから、案内パンフレットの写真を紹介する。石窟庵入口から本尊の安置されている本堂までは、約1km歩かなければならない。

石窟庵入口と案内パンフ石窟庵本堂
石窟庵入口・案内パンフと本夢仏が鎮座する本堂


慶州(キョンジュ)市内中心部にある有名な古墳公園(約12万6,500㎡)が大陵苑(テヌンウォン)、新羅時代の古墳23基があり、中でも有名なのが古墳の内部に入れる「天馬塚(チョンマチョン)」だったが、現在は整備中で中には入れない。右下画像は古墳公園の中にある東洋最古に作られたと推測される天文台の瞻星台(チョムソンデ)のライトアップ。

古墳公園・大陵苑古墳公園・瞻星台(チョムソンデ)
世界遺産・古墳公園の大陵苑(天馬塚)とライトアップの瞻星台


スンドウブ170925サンパブ
ご当地グルメ・昼食のスンドウブ(豆腐鍋)と夕食の慶州サンパブ


夕食後に再び古墳公園に向かい、ライトアップの公園を散策し、ホテルに戻ったのが20時。翌日は安東に向かうことになる。

犬飼三千子展@Gallery Okabe | Home | アンニョンハセヨ韓国No.1

コメント

新羅の京都

この時期の韓国訪問、代表的な観光地、KYONJU、PUSAN の見学うらやましい限りです。
機会があればゆっくりお話を聞かせて下さい。

2017/10/07 (Sat) 20:50 | teisinwa #- | URL | 編集
Re: 新羅の京都

コメント、ありがとうございます。釜山、慶州、安東は、なるほど韓国、納得の旅となりました。Junpei

2017/10/08 (Sun) 00:42 | Junpei #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する