夏の話題 クールビズ

時期遅れの話題となるが。クールビズ、夏場、会社員・公務員ができるだけ涼しく仕事ができるように軽装になること。ネクタイ・上着なしが基本で、併せて冷房の温度を高めに設定する。今年の夏は、「クールビズの 28度 本当の意味を知ってる?」が新聞、テレビに何度も登場した。ある調査機関が、「ビジネスパーソンの7割以上がクールビズを勘違いしている」と、クールビズや空調機器に関するそんな調査結果を発表した。環境省が推...
続きを読む

パソコン残して死ねない

年間の死亡者数が130万人を超える多死社会を迎えた日本。記事のタイトルにはインパクトがあるが、これは先週5日間の日経朝刊コラム、「大終活時代」の25日(金)のタイトルだ。初回(21日)が「子に迷惑をかけたくない」、22日「お骨だけの場所じゃない」、23日「ワンストップで承ります」、24日「自治体も身じまい手助け」に続くもの。コラムは、高齢者とその家族、事業者や自治体で何が起きているのか。大終活時代の断面に迫る......
続きを読む

畑・丈夫に育って欲しい

25日(金)、先週に続き、またまた暑いさ中での農園講習に参加、3時間、たっぷりと汗をかいた。まずは講習開始前に、残り少なくなってきたトマト列を収穫。さらに、区画の中の2列を耕し、2つの畝を作っておいた。畝高10センチ、畝幅70センチ。2つの畝は、ブロッコリー・キャベツとカリフラー・白菜(播種)の畝。説明を聞き、お手本となる区画での実習例を見て、それから定植作業に入る。今回は、お隣さん等と4区画揃っての作業となっ...
続きを読む

国産スマホの縮小 富士通

22日のニュース、富士通が携帯電話事業を売却する方針だという。国内で残る主な端末メーカーはソニー、京セラ、シャープの3社となる。パソコン同様、スマホの世界の動きも目まぐるしい。国内の携帯電話市場は需要が一巡し出荷台数は下り坂という。2016年は前年比3%減の3600万台。そのうちシェア2位から5位を占める国内4社が束になっての出荷台数が合計で年1500万台超。首位の米アップル1社の出荷台数にやっと匹敵する水準。(左下...
続きを読む

朝の散歩 奈良橋・高木・狭山

昨年は7月29日の記事( 空堀川の野鳥・ゴイサギ )を書いて以来、何度かゴイサギの姿を紹介することができたが、既に8月も下旬。この夏のゴイサギ報告は難しそうだ。何しろ、奈良橋5丁目、高木3丁目、狭山5丁目と歩く散歩コースの空堀川沿いだけでも今は3か所も工事箇所がある。落ち着ける場所がない。姿を見せるとすれば、高木3丁目から狭山5丁目あたりと思うのだが、目を凝らしながらの朝の散歩が続く。旧宮前一の橋の工事現場、橋...
続きを読む

空堀川・葉月の話題 野鳥

8月は和風月名で葉月(はづき)。うんちく的には、稲の穂が張るの意の「発月(はりづき)」「穂張り月(ほはりづき)」から転じたとする説や、この頃は秋にあたることから「葉落ち月(はおちづき)」の略とする説などがあるが定説ではないという。カワセミの飛ぶ姿をみかけても、なかなかカメラで捉えることが出来ない、8月は今のところ一度だけ( 空堀川・子育て中のカワセミ )、ハクセキレイもなかなかじっとしていてくれない鳥だが、この...
続きを読む

畑・久々 青空の下で

今日(19日)はひと月振りの農園講習日。秋作に備え、3つの畝を耕し、それぞれ100CCづつの過リン酸石灰を撒く、さらに耕す。ブロッコリー・キャベツの畝と白菜・カリフラワー、それに大根用の畝だ。そろそろ終わりに近づいた、ナス、ピーマンを、それにモロヘイヤの葉も収穫。この夏、頑張ってくれたキュウリとトマトの畝は全撤収した。他にも育ちつつあるニンジンの畝の雑草取り。別区画に植えてある落花生、ゴボウの畝も雑草取り。...
続きを読む

考えても無駄だけど考えておく

先月参加の講演、ブログ記事( 三択ならば「がん」を希望! )で紹介、それに続く立川の市民講演会に参加(16日)、講演のタイトルは「後悔しない最期の時の迎え方」、この講演も予約制で入場無料、講師は立川在宅ケアクリニック理事長の井尾和雄氏。がん、難病、寝たきりの患者 3000人以上を最期まで看取ってきた経験のある在宅ケア専門の医師だ。在宅ケアでいう「訪問診療地域」とは、立川市を中心に半径16km 圏、隣である東大和市も...
続きを読む

散歩の風景 馬堀海岸

3月の記事( 横須賀定期便の時間短縮 )以来のことになる、今月の横須賀定期便、連休を利用して、久々の養子君ダンケを連れての実家泊(12日、13日)となった。天候に恵まれ、それほど暑くもなく快適な横須賀路であった。移動先ではあっても朝夕のダンケの散歩は欠かせない。いつもと違う散歩の風景をお届けしよう。散歩コースその1は、住宅街から近くの防衛大学校の正門を通るコース。その2は、住宅街から馬堀海岸までを往復するコー...
続きを読む

朝の散歩の延長で

夏休みシーズンとなり毎日が日曜といえなくはない、そんな日が増えつつあるが、極力予定を立てて(もちろん、そこに目的があることが前提)動くようにしている。3連休の初日(11日)、この日の養子君ダンケとの朝の散歩タイムでは、収穫作業で農園に出向くことにしていた。ダンケと一緒の散歩ではやすじぃの農園まで片道約15分、農園での作業が約30分(予定)と1時間のつもりで家を出た。が、家を出て5分、空堀川の遊歩道、奈良橋6丁目で...
続きを読む

レースに出場 立川ららぽーと

日曜日(6日)、マラソン好きの次男夫婦から立川立飛ららぽーでのレースに出場との連絡を受け、応援に駆け付けた。出場するのは孫の1歳児、ハイハイレース。スタートからゴールまで、距離3メートル。そんな催し物がある。このレース、3メートルがとてつもなく長い距離と感じさせる、そんなレースだった。レースと名付けられてはいるが、盛り上げるための順位付けこそするが、順位、タイムを重視するイベントではないという。親子のコ...
続きを読む

空堀川・散歩で素敵なシーン2

西日本各地に大雨の被害をもたらした動きの遅い台風5号、昨日(8日)、東京地方にもと思われていたが、何とかかわせた感じ。日本海側を北上し9日早朝、やっと温帯低気圧に変わった。引き続き東北地方や東日本では、まだまだ警戒を要する状況が続いている。昨夕の養子君ダンケとの散歩時、6時半、素敵なシーンに出合った。空堀川の遊歩道、蔵敷3丁目の辺り。虹をバックにした散歩時のシーンは昨夏のこの時期に奈良橋5丁目でもあった。...
続きを読む

空堀川・子育て中のカワセミ

空堀川でのカワセミ記事、ひと月以上も間が空いてしまった。時折り飛んでいる姿は見かけても、なかなかカメラで捉えることが出来なかった。昨日(8/06)の朝、久々にカワセミの姿を捉えた。飛びまわらずに、エサを咥えて雛を待っているようだ。カワセミは雛が小さい時はその場所にエサを運ぶが、一週間ほどすると親がエサを持ってきて止まった場所に雛が来ないと渡さなくなるとのこと。ここは、高木橋の手前の空堀川支流との合流地点...
続きを読む

無線LAN 中継機を試す

無線LANを使用する時、電波の強度を高めることでより広い範囲で無線LANを使用できるようにする機器を、無線LAN中継機という。無線LANルーターとパソコンやスマートフォンの中継地点に置くことで、無線の電波を強められる。以前は無線LANルーターと中継機の組み合わせはメーカー毎に互換性がなかったが、2007年に共通化した方法で接続できるWPSという方式が登場。異なるメーカーの製品でも使用できるようになっている。先日、豊島区...
続きを読む

畑・凌ぎやすかった3日の朝

雲間の早朝、一週間振りに農園に向かう。ミニトマト、トマトが収穫の終わりに近づいてきた。予定のキュウリ、ナス、ピーマンの収穫を終えて引き上げようする頃、遅れて区画ご近所のお仲間さんも農園にやってきた。一頻り畑談義。今朝は、夏野菜の収穫だけでなく、お仲間からの「収穫」もいただいた。なるほど、なるほど。・野菜は大きく成ればいいというものでもない、小さくても食べ時がいい・十分にいけるトマト、多少虫が食って...
続きを読む

三択ならば「がん」を希望!

立川商工会議所で開催された市民講演会(7/29)に参加。テーマは「希望する死の迎え方」、主催は立川在宅ケアクリニック、サブタイトルは、「~超高齢多死社会を迎えた日本!尊厳死、平穏死の迎え方の心得~」となっていた。予約制だったが入場は無料。少しショッキングなテーマだが講師は長尾和宏氏。尼崎市の在宅医で、外来診療から在宅医療まで”人を診る”総合医療で名が知られている。超高齢多死社会を迎えた日本では、尊厳死や平...
続きを読む