ダンケ、間もなく6歳

当市の芋窪から養子として我が家に新しい家族を迎えて、3年と3か月。2歳だったダンケ(ゴールデンレトリバー、♂)も来週(3/05)には6歳となる。3月に入ると、テレビや新聞で東日本大震災の復興のことが話題となるあの震災(3/11)の少し前に生まれている。お陰で健やかに育ってくれていて、他の犬にももちろん人にも大変にフレンドリーで優しい。昨日(2/27)はトリミングとシャンプーの日、計った体重は30.7キロ、このところのウェイトコ...
続きを読む

空堀川・如月の月末の話題

気候も徐々に暖かさを増してきた、そろそろ啓蟄の時季となる。このところの朝の養子君・ダンケとの散歩が「散歩」にならない、デジカメを構える機会が増え、立ち止まることが多い。対象はもちろん空堀川の野鳥。その間、ダンケはおとなしく待っていてはくれるのだが。第1のポイントは高木橋のたもと、ゴイサギとカワセミ。第2のポイントが宮前一の橋のあたり、ここもカワセミだ。特に、遅い散歩の時間の7時台にカワセミを捉えるこ...
続きを読む

横浜中華街に

先週の土曜(18日)、久々に横浜の中華街に。大通りから小道まで所狭しと店が立ち並んでいるのが横浜中華街、何度か通った「お店」にもかかわらず、いつもスムースに到達できない、そのお店の名は慶福楼市場通り店。石川町の駅からタブレットに google map を表示、え、こんなルートが!というマップのルート案内で、確かに最短時間で到着することができた。歩きスマホやタブレットはいけません..と言われるものの、GPS機能を生か...
続きを読む

空堀川・カワセミウォッチャー

春一番を過ぎ、朝の陽ざしも少しづつあかるさを増してきた。空堀川のポイントで、大きな望遠レンズを携えて待ち構えるカワセミウォツチャーを見かけるシーンも増えた。昨日(21日)の散歩の途中、高木橋のたもとでカワセミを見かけた。そのまま宮前一の橋のポイントまで来た時に、カワセミウォツチャーの常連さんが望遠レンズをセットしているところに出くわした。高木橋のたもとで見かけたカワセミのことを伝えると、返事をもらった...
続きを読む

青梅マラソンでQちゃんと

昨日の日曜(19日)、第51回青梅マラソンの応援に。青梅マラソンは30キロと10キロの2つ、ほぼJR青梅線に沿ったコース。スタート地点はJR河辺駅近くの東青梅4丁目、15キロ地点の川井駅の先で折り返し、フィニッシュは河辺駅近くの青梅市総合体育館前(30キロコース)となっている。(参照:コースマップ)という訳で、折り返し地点の川井駅に降り立った(つもりだった)。出場していた次男を往路で応援、帰路のコースではハイタッチ...、...
続きを読む

どっとネットカフェ・オープン

先月のブログ記事( 2年目の講座も終盤 どっとネット )で、地域の情報発信サイト「東大和どっとネット」の動きを紹介した。今月(2/05)、開催された見本市の「見て、聞いて、体験して」のコーナーでは8人のお仲間が、趣味やライフ、公民館活動・生涯学習、地域・ボランティア等の生き生きとした活躍の様子を、かつポータルサイト・どっとネットを利用してどのように情報発信しているかを説明していた。さてその後、どっとネットの輪...
続きを読む

空堀川・ゴイサギの里

空堀川ではいたるところでカルガモの群れを観ることが出来る、カルガモの川と呼んでもいいくらいだ。加えて、このところ空堀川と奈良橋川の合流ポイント近く(右下画像)で、ゴイサギを連日観察するようになった。ゴイサギの里とでも呼んでみたい、そんな感じだ。頭から背はなんともいえない緑黒色。翼の上面は灰色、後頭部に白色の細長い「冠羽」が数本、目は赤色でくちばしは黒。巣を樹上につくり、何羽も集まって集団繁殖(コロニ...
続きを読む

かんきつの2月迷いの2月

先日のブログ記事[ 今度は甘平(かんぺい) ]で、かんきつの甘平を紹介したが、先週、我が家に「せとか」の宅配便が届いた。鹿児島在住の妹が送ってくれたもので、妹の出入りしている鹿児島市内の青果物専門店に今年のせとかが大量入荷したようだ。昨年同様に佐賀県唐津産のせとか、我が家でのかんきつのニューフェース甘平を味わいながら、せとかの食べ頃を見計らっている。新鮮なせとかはメロンのように少し熟成期間をおくと、甘み...
続きを読む

空堀川・カワセミ観察日和

七十二候ではそろそろ「立春」の末候「魚上氷(うおこおりをいずる)」の時季、氷の下に閉じ込められていた魚たちも動き始め、勢いよく跳びはねだすという意味合いだ。今朝(12日)の空堀川・遊歩道の散歩は、カワセミ観察日和であった。散歩の帰路、高木橋の近くの空堀川と奈良橋川の合流地点の川下、次に宮前一ノ橋の川上、そして丸山一ノ橋と二ノ橋との間の、なんと3か所で観察した!この辺りの土地勘に疎い人のために観察地点の3か...
続きを読む

まちなかサロンでタブレット

当ブログ記事( まちなかサロンでカラオケも )等でも紹介したRSAC(通称アールサック)の活動も間もなく3年目を迎える。いくつかの活動のひとつ地域支援活動、憩いの場づくり「まちなかサロン・コスモス畑」の運営が中野区江原町(日本キリスト教団江古田教会)で続いている。隔週水曜午後の開催に、常時、10名から15名が集う。今回(8日)は「楽しもう!タブレットライフ」の企画で、地域のシニアにタブレットを楽しんでもらった。皆さん...
続きを読む

空堀川・季節は立春

立春(2/04)こそ迎えたが、寒さは今がピークかも知れない。朝夕の散歩で日の出は早まり、日の入りも着実に延びてきているのを感じる。この季節の空堀川の住人たちの様子をお伝えしよう。高木橋、空堀川と奈良橋川の合流地点で護岸工事が進められている。その少し川下が住人たちの餌場となっているようだ。カルガモやマガモが群れをなしていたり、コサギがこの場所を離れないことが多い。たまに訪れるゴイサギがコサギに餌場から追い...
続きを読む

畑・新年度のスタート

挑戦中の「やすじいの体験農園」、先月末で28年度の作業を終え、今月から29年度の作業が始まる。いよいよ3年目、今年は区画替えもなく、引き続き農園最北側の区画での作業となる。最初の作業(4日)は粒状消石灰3リットルを区画に撒くことからスタート。野菜は主にアルカリ性を好む、土をアルカリ寄りにするために、石灰系を入れる。作業はバケツに3リットルの石灰、それに土を混ぜ、土と一緒に石灰を撒く。ジャガイモは酸性を好むの...
続きを読む

公運審の研修講演(2/02)から

今月2日、中央公民館視聴覚室を使って開催された公民館運営審議会委員向けに企画された「研修」に参加。この研修は、市民や市職員も合わせて40名ほどの参加者となっていた。テーマは、「まちづくりはつながりから」。副題は、「少子高齢・人口減少社会における公民館」となっている。(下のチラシ参照)講師は牧野篤氏(東京大学大学院教育学研究科教授)、まちづくり実践に関わりながら新たな社会のあり方を探求していることで定評が...
続きを読む

今度は甘平(かんぺい)

昨年の今頃のブログ記事( 平成生まれの新品種せとか )で、「柑橘の大トロ」と評される、せとかを紹介した。鹿児島から暮れに届いた「ぽんかん」もなくなり、次は「たんかん」や「せとか」の季節となって、柑橘系に目がないカミさんの催促状態が続いていた。そこに昨日(2/01)、誕生日(カミさんの)に合わせて、気の利いた贈り物が届いた。新品種の甘平(かんぺい)だという。早速、カミさんとひとつ口にしてみた。種が少なく果皮が薄く...
続きを読む