Windows 10 アップグレード

Windows 10 にアップグレードしました!ブログ仲間のイッセーさんはWindows 10 にアップグレードした後、不具合が出て10日ほどで元に戻したということだった。そんなことも聞いていたので、我がPCもアップグレードするのは未だ先、というつもりではあった。普段は2台のPC( Windows 8.1とWindows 7 )を使い分けている。先日(16日)慌てて操作をしていて、思わず 8.1 PCでアップグレードのボタンをクリックしてしまった。8.1 のPCにつ...
続きを読む

雨の巾着田

埼玉県日高市の高麗・巾着田で曼珠沙華まつりが開催されている。花の見ごろは9月中旬から10月中旬、この時期、巾着田の曼珠沙華群生地には500万本といわれる花が咲きほこる。25日、残念ながら雨となってしまったが巾着田は初めてという友と訪れた。巾着田は西武線の高麗駅から歩いて15分、雨にも関わらず観光バスでの訪問客やテレビ局の取材も行われていて賑わっていた。曼珠沙華まつり(9/19~23)の様子は、ブログ仲間 teisinwa さ...
続きを読む

秋作の準備3

今日は雨で中止となりそうだが、秋作の講習実習がこの金土日から再開する。今月はなんやかやと身体の動きが慌ただしく、体験農園の注意が散漫となっていたようだ。20日までにナスとピーマンの畝列を撤収するようにとの指示(左下画像)を見落としていた、イエローカードものである。慌てて22日の早朝に農園に出向き、他の区画には遅ればせながらのナスとピーマン列の撤収作業を済ませた。右下画像のネギ列の向こう側にナスとピーマン...
続きを読む

丸に橘 まるにたちばな

お彼岸の期間は、秋分の日を中日として前後3日間の7日間、早速、日曜日(20日)に墓参り。我が家の墓地は、ひばりヶ丘の東本願寺別院にあり、墓の建立は昭和49年3月となっている。我が家が東大和市に引っ越してくる前のことだ。この寺と墓の移転ことは、以前のブログ記事( 墓参りとご先祖様 )にも少し書いた。その墓石に彫ってある我が家の家紋、「丸に橘」(下の画像)となっている。今の若い人たちには、家紋、「なにそれ?」となる...
続きを読む

焼酎の三岳、定価で!

土曜日(19日)に参加中の市の半年間講座、そのオフ会(勉強会@中小企業大学校)があった。チャリでの帰路のブログ記事取材。南街方向から市役所に抜ける中央通りの交差点、新たに酒店がオープンしていた。看板も気になって立ち寄ってみる。確か直前までコンビニのあったところだ。半年ほど前のブログ記事( やはり、ほめてあげたい! )でも紹介したあの酒店が16日に移ってきたという。以前の店に比べ、店構えもお客さん向きになって場...
続きを読む

秋の果物 葡萄

秋の季節が近づき梨だ、梨だと騒ぐカミさん、先日のブログ記事( 今年の多摩湖梨 )でも書いた。そして、もうひとつ騒ぐのが葡萄だ。親戚、身内でもカミさんの果物好きは知れ渡っているので9月に入ると、鹿児島そして秩父からと葡萄が送られてくる。それでも飽き足らずにこの季節、毎年、岡山のある農園に自分で注文する。秋の季節、我が家の冷蔵庫の中は梨や葡萄が途切れることがない。自分で食べるだけでなく、長男宅から長女宅ま...
続きを読む

シルバーウィークの話題から

秋の大型連休のことを「シルバーウィーク」と呼ぶ、ゴールデンウィークにあやかってできた造語だ。秋に大型連休ができた理由は一部の国民の祝日を月曜日に移動させ、 土曜・日曜とくっつけて3連休にしようとするハッピーマンデー制度によって、以前は9月15日に固定されていた「敬老の日」が第3月曜日に移動したことが引き金だ。さらに、大体23日(22日、21日の年もある)となる「秋分の日」とこの「敬老の日」の日付が2日違いになる...
続きを読む

「高木の獅子舞い」奉納

9月12日(土)、東大和市高木神社で恒例の獅子舞が奉納された。このブログの先日(8/30)の記事(高木の獅子舞い稽古)でも紹介したものだ。天候もなんとか持って、大勢の見物客が訪れていた。既報の獅子舞奉納の日に合わせた、スタンプラリー(東やまと観光ガイドの会主催)も行われている。スタンプラリーは、地元の子供向けに高木神社周辺に伝わる「よもやま話」と史跡に親しんでもらおうと企画したもので、石造物、山の神、よもやま...
続きを読む

究極のまちおこし越後妻有

新潟県の里山を舞台に、世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2015」、美術による地域再生を目指して、3年に1度開催(7/26~9/13)されている。開催期間終了間際の9月に訪ねた。この芸術祭は、豪雪地・越後妻有(新潟県十日町・津南町)で過疎高齢化が進むなか、地域の元気を取り戻す取り組みとして2000年にスタートしていて、今年は第6回展となる。恒久的な美術作品200点を含む、約380作品が展開され...
続きを読む

人を思いやる大切さ

まずは、日本の現在の親子関係について触れた日経記事(9/07)から。国立青少年教育振興機構(東京)の調査で、「日米中韓各国の高校生の親子関係に関する意識の差」を昨年9~11月、4カ国の生徒計7761人に調査したもの。「親を尊敬しているか」との質問に「とてもそう思う」と回答した日本人生徒の割合は37.1%で4カ国中で最低。最も高かったのは米国で70.9%。「親が高齢となり、世話をすることになった場合どうするか」との質問にも...
続きを読む

秋作の準備2

秋作に向けての3週間(#15~#17)続けての体験農園講習実習もやっと終わった。春作でズッキーニだった畝は寒咲菜花(なばな)と空芯菜に、同じくキュウリ・トマトだった畝はブロッコリーとキャベツに、そして枝豆の畝は白菜とカリフラワーに、トウモロコシの畝は大根に変わった。ブロッコリー、キャベツ、カリフラワーは定植をして、大根の種は青首、三浦、聖護院の3種類を播いた。耕し、畝をつくり、種を播き、定植したりと。雑草取り...
続きを読む

富山・高岡を歩く

9月の声を聞いてのゆったり旅、富山・宇奈月温泉の翌日は高岡市に向かう。高岡市といえば鋳物のまち。午前中は駅からタクシーで5分のところにある金屋町に、鋳物資料館や鋳物工房を訪ねる。金屋町には江戸時代から昭和初期にかけて建てられた町屋が立ち並んでおり、隣家と並んだ軒先が連続性を与え、綺麗な街並みとなっている。金屋町の鋳物、加賀前田家二代目の前田利長が城下の産業発展を図るため、慶長16年(1611)に七人の鋳物師...
続きを読む

黒部峡谷のトロッコ列車

9月の声を聞き、北陸新幹線を利用して富山へ。富山方面、「越中八尾のおわら風の盆」と重なり、新幹線は満席状態だった。今回は新幹線の黒部宇奈月温泉駅で下車し、富山地鉄を利用して宇奈月温泉駅に。上野駅9時50分発のゆったり旅、はくたか557号で乗り継ぎ後の宇奈月温泉駅に13時過ぎに到着した。そこからトロッコ列車に乗り渓谷美を楽しむ。宇奈月温泉駅から途中の鐘釣(温泉)駅まで片道約1時間10分。駅から数分のビューポイント...
続きを読む

今年の多摩湖梨

今年も多摩湖梨の販売が始まった。先日までモモ、モモと騒いでいたカミさん、やっとシーズンとなった梨の買い出しに。我が家はいつも地元の奈良橋3丁目の I さんの梨園にお世話になる。今年の(今年も)多摩湖梨はジューシーで甘い!例年のことだが早速、時期遅れのお中元返し・贈答の発送も済ませた。ここしばらくは家庭用だ、贈答用だと、カミさんの例年の梨農園通いが続くだろう。本当に我が家のカミさんは果物に目がない。地元の...
続きを読む

遊歩道の雑草刈り、スッキリ

まだかな、となっていた空堀川遊歩道の夏の雑草刈りがやっと始まった。朝夕の散歩で愛犬も通るのをいやがる(?)ほどの遊歩道、雑草が伸び放題だった。この雑草刈り、いつも造園業者が請け負っている。今回も朝から4人がかりでの作業が始まった。雑草刈り、今は奈良橋5丁目辺りから6丁目に移っている。それにしてもこの遊歩道、2003年からみているが雑草の勢いは年々増しているようにも感じられる、特に夏の雑草の成長力は凄まじい。...
続きを読む