都内の葬祭場を見学

28日(月)、板橋区の戸田葬祭場を見学してきた。社会人カレッジでの選択授業の一環(自由参加)ではある。 戸田葬祭場は板橋区舟渡の荒川沿いにある民間のかなり大きな葬祭場だ、ピーク日には90件/日も扱うことがあるとのこと。単なる火葬場としてでなく、これからの葬祭場のあり方を変えるつもりで、様々な試みの運営がなされていた。最寄駅は埼京線の浮間舟渡駅。 この日は友引。基本的に葬祭場は休館ということで、たっぷり2時間半...
続きを読む

すてる人よりひろう人2

26日の土曜日、空堀川の第22回クリーンアップに参加。朝8時30分、空堀川沿いの清水富士見緑地に集合、今回は夏休みということもあってか、なんと108人が受付を済ませた。 主催者からの注意事項や説明を受け、集合写真を撮った後、軍手に長靴、火バサミとゴミ回収のフクロをそれぞれに持ち、3班に分かれてゴミ清掃をスタート。今回はもブログ仲間のNさん共々、第2班に加わった。まず下砂橋まで歩き、そこから集合地点までの川沿い...
続きを読む

ドライブ旅行にデビュー

我が家に養子君(ダンケ)がやってきて、早7か月。車に乗っての移動ということでは立川(昭和記念公園)と稲荷山公園くらいまでが最長だった。 そろそろ長距離ドライブや外泊にも慣れておいてもらおうと河口湖に向かった。結果的には問題なく、ドライブを楽しんで(?)くれたようだ。途中、カミさんも初めてという根場(ねんば)地区の観光茅葺集落・いやしの里や富岳風穴、鳴沢氷穴をまわり、西湖畔に予約したペットも泊まれるペンション...
続きを読む

南インド料理探索

社会人カレッジも2年目の前期を終えてこれから夏休みに入る。 選択授業「アジアの生活と文化」の打ち上げをしようということになり、有志で先生お薦めのインド料理店に、南インド料理探索・美食の会となった。 この料理店、コース料理を注文しないと予約が取れない。平日(火曜日)にも関わらず予約客で一杯という、人気の繁盛店だ。ダバインディア、京橋の鍛冶橋通り脇にある。 注文したコース料理ダバパーティのメニュー:パパド ...
続きを読む

JR割引切符のこと

8月の夏休みシーズン、グループ小旅行の指定席切符手配を頼まれた。 JRも、ひと月前の発売日にみどりの窓口に行けば指定席の予約ができる、そのつもりではいたのだが。それでもその前日にちょっとまてと、ネット調べてみた。確かJR東日本の「えきねっと」会員にもなっていたはずだ。 なるほど予約だけでなく、えきねっと会員限定の「トクだ値」切符なるものがある。列車・席数・区間限定ではあるが、インターネットからの予約限定...
続きを読む

「みちば和食たて野」でランチ

ランチタイムの食事会(19日)、場所は銀座七丁目、みちば和食たて野。 今回は昨年大病を患った旧友の快気祝いを兼ねての昼食会でこの店となった、料理のボリューム・味、お店のスタッフの応対、どれをとっても満足のいくゆったりの午後を楽しむことができた。この店のランチタイムはお得でお薦めだ。 久しぶりに集った6人での会話も弾んだ。 帰り際、エレベーターの前まで料理長が出てきて見送ってくれたのも気持ちよい。そういえば...
続きを読む

みつかった古い写真

先日、仏壇の引き出しを片づけていたカミさんが見つけた。はじめてみるこんな写真が今頃になって。 7年前に享年92歳で逝った我が親父殿が結婚する前の頃の写真。自分では写真でしか見たことのない祖父の葬儀の時の写真のようだ。祖父は49歳の時に台湾で亡くなっている。 我が家の過去帳から逆追いすると、昭和12年8月、77年前の写真で、左側の喪主席あたりに座っている親父殿が22歳の頃ということになる。懐かしいを飛び越えた不思...
続きを読む

春の健診結果2

愛犬(ダンケ)の春の健康診断については4月のブログに書いたが今度は自分自身のこと。 受診は昨年と同じ日の6月6日、記録によると体重は60.8kg、今のところ順調。体重は愛犬の約倍だがBMIは22.0、総合的には「B 有所見 心配なし」となっていた。胃の検査もそれまでの「バリウム」から、昨年から内視鏡検査に切り替えている。 同世代との飲み会で、GTP(肝機能検査)の値がどうだったとかの話題になることがあるが、なかなかそ...
続きを読む

京都・鎌倉・・・樹木葬広がる

ひと月ほど前のこのブログ記事に「ぼちぼち考えさせられました」として、都内のお墓のことについて書いた。 日経の12日(土)夕刊に、従来型の墓や納骨堂形式以外の樹木葬や合葬が主流になってきているとの記事が掲載されていたので、それを紹介しよう。観光地の京都や鎌倉で、有名寺院などが花や木々を墓標にして遺骨を埋葬する「樹木葬墓地」を相次ぎ開設。墓を継ぐ人がいなかったり、家族に面倒をかけたくないと考える人たちが、...
続きを読む

またもウィッシュに

カミさんが買い物などで使っている車はトヨタ ウィッシュ、今回、10年目の車検を迎えた。 先週、この車を乗りつぶすと言って車検も終えていたカミさんが、突然、車を買い替えると言い出した。ということで、一緒にいつもの地元のディーラーに。車は運転に慣れている同じ車種のウィッシュとなった。 装備も今までのものとほぼ同じで、カラーだけメタリックブルーからブラッキッシュレッドマイカに、納車は約ひと月後。こちらは免許...
続きを読む

三陸の海のかおり

先日の三陸への旅の際、土産のひとつに普代で買った「まつも」がある。 まつもは、北海道と三陸を中心に、北日本の海岸の潮間帯の岩礁に生育する海藻で、 松の新葉を思わせる形と、お吸い物などに はなした瞬間、鮮やかな緑色に変わり、あたかも松の小枝を散らしたように広がることから松藻と称されている。 ツルツルしたぬめりと歯ざわりのよさが特徴で、冬から春先の酢の物として、独特のシャッキッとした歯触りが賞味される、レ...
続きを読む

生涯未婚率という数字

これもトレンドが変わって欲しいもののひとつといえるだろう、生涯未婚率。 国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集」によると、2010年度現在の男女の初婚年齢は男:31.18歳、女:29.69歳。統計の数字を取りはじめた1920年代から、5年刻みの数字をみても徐々に徐々に高くなっている。 驚くのはその横に並んだ統計データの生涯未婚率、特に男。1920年代から1980年代までは1~2%台の数字で推移している。それが19990年以降...
続きを読む

2020年を目途にトレンドを変える

先日のブログ記事で「高齢者の定義を変える」(6月24日)ことの意図、「選択する未来」委員会の提言のことに触れた。 そのブログ記事、日本独自にでも高齢者の定義を変える、具体的には高齢者を70歳以上とすることにすれば、潜在的な労働力人口の減少が緩和され、これからの社会に様々な好影響を及ぼしてくる...というようなことだった。 確かに着手すべき取組みだとは思うが、やはり人口問題の基本は出生率の回復であることに変わり...
続きを読む

あまちゃんのロケ地 久慈

「震災復興3年目の三陸視察支援の旅」の三日目(29日)は国民宿舎から田野畑村の漁港に送り届けてもらい、サッパ船(漁師の磯船)に乗る予定だったが、朝になって濃霧のため中止との連絡を受ける。 久慈駅周辺観光に切り替えた。 久慈市は人口約3万5千、この辺りでは大きい街、2013年度前期放送のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で、ドラマの舞台の1つである架空の「北三陸市」の場面のロケが各地でおこなわれた場所。一躍有名となり...
続きを読む

三陸鉄道の旅、幹事に感謝

「震災復興3年目の三陸視察支援の旅」、二日目(28日)は盛岡駅から急行バスを利用して岩手県を横断、宮古へ向かった。 宮古駅前で昼食を済ませ、宮古を代表する景勝地の浄土ヶ浜へ向かう。前回、震災前に来た時には濃霧のため乗れなかった浄土ヶ浜島めぐりの遊覧船に。この遊覧船、3隻あった他の2隻は震災で流されてしまったとのこと。孤軍奮闘の活動が続いている。 宮古駅に戻り、15時05分発の列車に。第3セクター運営の三陸鉄道、...
続きを読む