鵺(ぬえ)の鳴く声

箱根・姥子の森に天山湯治郷 秀明館という日帰り湯治施設がある。金太郎が怪我をした目をこの湧泉で湯治して治したといういい伝えのある「姥子の湯」だ。創傷・婦人病、神経衰弱、胃腸病などの他の効能は別にして、姥子の湯が江戸時代に刊行された七湯のしおりにも「此湯明ばん湯にして専ら眼病によし」と記されていて、眼病への効果が古くから知られていたのは確からしい。「眼病に」ということもあり、今でも隠れ湯的な湯治場と...
続きを読む

インターンシップ

インターンシップとはいっても、「シニア・インターンシッププログラム」ということで、就業70歳時代に備えたシニア世代向けの研修の話だった。(7/26, プラチナ社会研究会・セカンドキャリア分科会に出席した) 若者が新しいキャリアに飛び込む時のインターンシップと同様に、シニア世代も定年後のキャリアに入る前に意識改革の、しかも体験型が必要との考えから、高齢者の雇用創出に実績のある人材系の会社がそのノウハウを生かし...
続きを読む

ナンバープレース

日経新聞の土曜日だけの追加版にプラスワン(NIKKEIプラス1)がある。生活に役立つ情報や、健康、グルメ、旅情報などが幅広く紹介されている14ページものの別刷紙面だ。 別刷紙面のトップは毎号「何でもランキング」、話題の商品・サービスやおすすめスポットなどをランキングして紹介していて、楽しめる。今朝のランキングは「富士山眺め心癒される宿」となっていた。 数年前からカミさんのハマった「ナンプレ」は健康生活面(11ペ...
続きを読む

富士山のストリートビュー

今朝(7/25)の新聞記事「どこでも富士登山気分」が目についた。 googleが「富士登山のストリートビュー」1合目から山頂まで、吉田口の登山道や下山道を撮影し、公開(7/23)したとある。早速、みてみる。 7月2日に山梨県側の1~5合目を撮影。悪天候を避けての11~12日に5合目から山頂に登り、お鉢めぐりを経て下山道を撮影している。バックパック型のレンズの付いた機材を撮影者が背負って登った記録だ。 沢山の360度のパノラマ写真...
続きを読む

かんたん携帯

朝の4時21分、カミさんの携帯がメールを受信...、こんなに朝早く。横須賀の義母からの[元気だよメール]だ。 今は一人暮らしをしている義母に6年ほど前から携帯を持ってもらっていたのだが、先日来、その携帯の調子が悪いという。そこで、日曜日にカミさんの実家に立ち寄った時に、話題の「かんたん携帯」に機種変更で切り替えたものだった。 SoftBank、108SH(シャープ製)、義母が朝、携帯を操作した時に[元気だよメール]が自動的に...
続きを読む

再び三菱一号館美術館

金曜日(19日)、先月に続き再び三菱一号館美術館(東京・丸の内)に。浮世絵展「浮世絵Floating World」(珠玉の斎藤コレクション)のその第2期が17日から開催(8月11日まで)されていて、北斎、広重の作品が中心となっている。 19世紀初頭は旅や行楽に対する関心が高まった時代、天保年間(1830-44)の葛飾北斎≪冨嶽三十六景≫や初代歌川広重≪東海道五拾三次之内≫のシリーズが登場している。十返舎一九の滑稽本「東海道中膝栗毛」のヒットも...
続きを読む

話題-家族や地域のきずな

家族や地域のあり方を考える...、身のまわりで起こった体験談を集め「きずなずくり大賞2013」として表彰する、そんな活動がある。 社会福祉法人東京都社会福祉協議会が主催しているもので、昨年までは「家族力大賞」という名称だった。昨年の「家族力大賞'12」の入選集(小冊子)を読む機会があった。 入選集には15ほどの作品が登場していて、それぞれ書かれた人の思い、共感、連帯感が読む人に伝わってきて、確かに家族や地域の新し...
続きを読む

南国の地で語らう

今月(5-8日)、JALのマイレージを利用して鹿児島に。妹夫婦宅で生活する今年89歳になる母への顔見せ「帰省」だ。予定に合わせて横浜からも下の妹夫婦が駆けつけた。兄妹揃って皆で霧島温泉にも一泊し、久々の親孝行(?)になったか。 現在3日/週程度のデイサービスを続けている母、以前に比べると足腰は大分衰えてきた。今は家の中では自力だが外出では車いすを使う。食欲は旺盛で、何よりも晩酌のビールを旨そうにたのしんでくれる。...
続きを読む

墓参りの帰路

14日(日)はカミさんとひばりが丘の墓地に。朝早くても暑い! 墓参りを終えた帰路、開店前のイオン東久留米店の前を通る。この東久留米店、今年の春(4/23)にオープンしたものだ。 田無駅とひばりが丘駅のどちらからも2㎞の立地となっていて、所沢街道沿いにある。敷地面積 52,000㎡、駐車場の収容台数 1,700台という規模はかなり大きい。周囲の道路も拡幅されている。これからも墓参りは朝早く済ませないと、渋滞に巻き込まれると...
続きを読む

再会、半世紀を超えて

昨夜(7/12)、会場の池袋ライオンに中学時代の部活(吹奏楽)仲間が集合した。集いそのものは半年ぶりだが、目玉は恩師(女性)のS先生の参加。美人の誉れ高かったS先生が出産を機に当時教職を退いて以来、半世紀以上(?)も音信が途絶えていた今年の春、なんと連絡が取れるようになった。喜寿を少し超えたばかりの先生はお隣の武蔵村山市にお住まいだった。参加者16名、皆の憧れだったS先生を囲んでの再会の集いは、当時のアルバムあり、...
続きを読む

デジタル家電下げ止まり

この5月末以降、デジタル家電の価格下落に底入れの兆しというニュースが出はじめた。今朝(11日)の日経新聞にも同タイトルの記事が。(9企業総合のページ) 調査会社・BCN(東京・千代田)の10日発表の、デジタル家電の販売価格動向によると。 ・薄型テレビ: 13年6月の平均価格は3月に比べ17%上昇 ・デジカメ : 売れ筋が低価格のコンパクト型からミラーレスを含む一眼レフに移った ・パソコン : 13年6月の平均販売価格は12...
続きを読む

シニア開拓へ講習会

通信大手各社がスマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)のシニア層への需要開拓に力を入れているとの記事が昨日(8日)の夕刊に。使い方などを教える講習会の開催が前年度比7割増とのこと。 記事によるスマホの講座、1回20人ほどの定員でキャンセル待ちとか、 ・「店舗ではじっくり話が聞けない」(80代女性)、 「子供は丁寧に教えてくれない」(70代男性)   悩みを抱えるユーザーも満足して帰る、受講後に店舗で教材...
続きを読む

東大和市民ネット1307

東大和市民ネット(市民ネット、05/24)の続き、 市民ネット(サークル)として、秋の上北台公民館まつりのイベントに参加することになったのを機に、それに的を絞った活動が始まった。市民ネットでつくったWebサイトの学びネットを生かして、公民館をベースに活躍する他のサークルにも利用してもらおうという企画だ。 具体的には、それぞれのサークルの活動状況とか画像をネット(学びネット)に載せてPRしてもらおうというものだ。他...
続きを読む

見守りぼっくすならはし

地域の自治会・全15戸の当番制の組長となって、いろいろな情報が目につく。もちろん、以前もこの類の情報が回覧されていたとは思うのだが、最初に情報が我が家に届くのでより注意して読むようになったということだろうか。 住み慣れた地域での高齢者の暮らしを支援するため、平成25年4月より奈良橋市民センター2階の老人福祉センター内に『高齢者 見守りぼっくす ならはし』が開設されたという。高齢者の見守り支援を専門とした...
続きを読む

活発な地域の活動

2日(火)、上北台公民館を利用するための調整会議があった。市民ネットサークルの翌月(8月)の活動場所を確保するためだ。各サークルが翌月(8月)に使用したい学習室等公民館施設の利用者間調整が行なわれる。使用したい施設がサークル間でバッティングすると調整が行われるが、8時45分から始まった会議は大変にスムースで、その調整も含め20分ほどで終わった。大きめな304号室が大勢のサークル関係者で一杯となっていたが、多分、他...
続きを読む

東大和市民大学が開校

29日(土)午後、東大和市民大学の開講式に出席した。中央公民館301学習室で始まった式は尾崎市長による開校祝事の挨拶とそれに続くオリエンテーション(事務連絡)で、15分ほどで終わった。この日から市民大学はH26年3月まで、市内5館の公民館で各5回づつ全25回の講座が予定されていて、その第一歩が始まった。 会場には「市民ネットの会」からのお仲間も二人。(偶然です) 市民大学は座学として講座に参加するだけでなく、修了後には...
続きを読む