歴史街道を歩くNo.16

歴史街道を歩くNo.15(2/24)の続き、この記事で一旦歴史街道歩きは最終となる。 甲州街道歩きの二日目最終日(20日)の昼、下諏訪追分に到達したことで丁度1年をかけて甲州街道の219キロを踏破したことになる。この日、昼食を済ませてから、諏訪地域の諏訪大社と守矢史料館をバスで周った。 諏訪大社は諏訪湖を隔てて南北に上社(かみしゃ)と下社(しもしゃ)がある。上社は本宮(もとみや)と前宮(まえみや)に、下社は春宮(はるみや)と秋...
続きを読む

苦手な料理に挑戦3

23日(土)、中央公民館・成人趣味教養講座「男性の料理講座」の4回目に参加。(先月の3回目、すし編は都合でパス) 今回も「料理はとにかく楽しく作って、味わうこと」という講師のK先生に励まされ、料理のプレッシャーをあまり感じずに講座は進んだ。講座も4回目となると参加者の手際や動きがスムースになり、料理の品数の割には時間的に余裕を持てた3時間だった。今回は参加者の注文で、酒のおつまになる料理をということで講師の...
続きを読む

歴史街道を歩くNo.15

歴史街道を歩くNo.14(2/22)の続き。甲州街道歩きの二日目最終日(20日)、一夜明けて絶好の晴れ間となった。気温は前日以上に低く、明け方のこの地の気温はマイナス12度だったとか。宿を8時に出発、上諏訪宿から下諏訪宿の甲州道中終点(下諏訪追分)を目指す。主な行程は、上諏訪宿問屋跡--手長神社--吉田の松--下桑原の一里塚--温泉寺--先宮神社--橋本政屋--富部の一里塚--承知川橋--下諏訪追分を辿る歩程約13キロ。上諏訪宿から下諏...
続きを読む

歴史街道を歩くNo.14

甲州街道の歴史歩きもいよいよ大詰め、最終回となる第18回は一泊二日のコース(19,20日)、金沢からゴールの下諏訪宿を目指す。参加者は18名、曇り空の新宿を7時半に発ったバスは8時50分、上りも開通となった笹子トンネルを抜ける。諏訪南のICで下り、スタート地点の茅野市宮川の丸井伊藤商店(味噌店)で小休止した後、10時半のスタートとなった。この地方、明け方はマイナス10度近辺だったとか、雪の降る中を往く街道歩きとなった。...
続きを読む

激戦区-中央2、3丁目

新青梅街道に面する東大和市中央1~3丁目(南側)と高木3丁目・奈良橋5丁目(北側)の辺りはお店の移り変わりが激しい。今度は庚申塚交差点のあたり、中央2、3丁目について...。 庚申塚交差点際の家具店、日生社の大きな敷地跡にステーキのどん東大和中央店がオープンしたのは2001年9月。そして、交差点の向かい側にもう名前は忘れたが焼き肉店の後に、くら寿司東大和店がオープンしたのが2009年1月だ。 ⑦ステーキのどん東大和中央店 ...
続きを読む

ちゃんこでテレビ取材

以前の会社に在職中のH12年頃から続いている交流会がある。先輩のN氏がその時期に退職したのを機に、N氏の声掛けでスタートした交流会、今ではOB飲み会といったところか。最近の話題の大半はお互いの「健康」となっているが。14日(木)の例会は、このところ年に一度は利用する外神田のちゃんこ料理やさん、「一の谷」だった。もう6回目になる。神田明神に近い場所にあり、風情のある店だ。刺身が新鮮で美味しいのと、なんといっても...
続きを読む

はじめの一歩

ブログ仲間の先日の記事「意識の高さ」(2/07)に刺激を受けた所為もあるが、先日の市報で案内された東大和市総合計画説明会の第1回(上北台公民館,2/14)に出席してきた。今回参加した上北台公民館での総合計画説明会は1時間半。市の企画課E氏とN氏が二人でパワーポイントを使って、かつ配布資料(41P)に沿っての丁寧なもので、「どのような考え方でつくられた計画であるか」という点で、資料や質疑応答も含めて解りやすいものだった...
続きを読む

ITの進化、二つの確信

記事のタイトルは少々オーバーかもしれないが。...パソコン通信(死語に近い言葉となった)を自分がはじめたのは95年頃、最初はPCを使ってFaxモデムという機器を介してのメールや画像のやり取りだった。その後、webが広がりはじめ、またPCメールだけでなくPHSも含めた携帯電話でのメールのやり取りもポピュラーになりつつあった2000年頃。携帯電話の究極はパソコンになる(近づく)と確信した。今はスマートフォンが出まわり、当時...
続きを読む

激戦区-中央、仲原

激戦区...の3つ目の情報。新青梅街道に面する東大和市中央1~3丁目(南側)と高木3丁目・奈良橋5丁目(北側)の辺りはお店の移り変わりが激しい、仲原4丁目や中央1、2丁目の辺りでは...。 以前、この地域では大歓迎されたといってもいいアイワールドが平成15年(2003年1月)に閉店したことは驚きだった。先のブログで書いたコジマの影響もあったのだろう。その跡地にオープンしたのがニトリ。そこから300メートルほど庚申塚より、だいわ...
続きを読む

激戦区-高木3丁目

新青梅街道に面する東大和市中央1~3丁目(南側)と高木3丁目・奈良橋5丁目(北側)の辺りはお店の移り変わりが激しい...、次は高木3丁目近辺を。 以前は確か大きな倉庫か配送センターであったと思うこの場所にコジマNew東大和店がオープンしたのは平成10年(1998年11月)。その先の、ファミレス林立地帯である南高木の交差点際にできたのがジーンズメイト東大和店(1999年10月)、デニーズの後だったかな。...③コジマNew東大和店   ...
続きを読む

激戦区-奈良橋5丁目

新青梅街道に面する東大和市中央1~3丁目(南側)と高木3丁目・奈良橋5丁目(北側)の辺りはお店の移り変わりが激しい。商売の激戦区か。奈良橋5丁目ではここ数年...。大型トラックの駐車場もあったコンビニのサークルKが餃子屋さんのチェーン店に(2011年10月)。牛丼の吉野家、そして新吉野家、ドーナッツ店と続きその後、永い間頑張っていた回転寿司の三崎港がとうとうマッサージのチェーン店に替わった(2012年11月)。①コンビニ店の後...
続きを読む

在宅終末医療のいま

BS-TBSのドキュメンタリー番組(2/03)、「我が家で生きぬく~在宅終末医療のいま~」をみた。元TBSアナウンサーの進藤晶子が在宅終末医療の現場を訪ねて関係者を取材しながら、終末の在宅医療の課題やそのあり方を問うドキュメンタリー番組になっている。 超高齢化社会を迎えつつある日本で、病院ではなく、慣れ親しんだ自宅で病と向き合い最後を迎えたいという人々が増えている現実もある。終末の在宅医療にはまだまだ課題もあるが...
続きを読む

宅部池の冬の風景

今朝は気温が上がって10度C。久々チャリ散歩の狭山公園。まだまだ冬の気配が続き、散歩の人の数も少ない。ついでに撮った冬のたっちゃん池の風景(2/04)を。...冬の宅部池(西側から)            宅部池(東側から)   ...
続きを読む

今年も花粉症対策を

今年もスギの花粉の要警戒シーズンが近づいてきた。スギやヒノキの花粉の飛散量は前年の夏の日照時間が長く、気温が高いと多くなる。また、多い年と少ない年が交互に来るため、前シーズンが少ないと多くなる。2つのことから、今年の花粉の量は例年以上に多いと言われている。Webサイトの 花粉症ナビ の情報が分かり易い。既に2月、来週早々にもかかりつけ医に行って予防をおこなっておこう。2月01日付けの「広報 東京都」には、花...
続きを読む