やりがい講座12092

水曜日(9/26)は上北台公民館のやりがい講座・延長勉強会の5回目、開始予定の時間前からまたまた熱心なメンバーが集まった。Mumbler2さんの尽力により整ってきた地域ネットワーク展開のひな形(東大和市民ネットのポータルサイト)での実際のオペレーションや説明を受け、「学びネット」に繋げる具体的な活用イメージが関係者全員に共有されつつある。このポータルサイトをコアに、そこに繋げるサブサイトは個々のブログでつくると...
続きを読む

シルバー人材センターのこと2

シルバー人材センター(7/05)の続き、一昨日(25日)、奈良橋市民センターで開かれた東大和市シルバー人材センター第2地区の会員交流会に参加した。昨年に続き2回目とかで、今年はじめての開催とのこと。シルバー人材センターでは9つの地区に分けて、この交流会を9月中に順次開催しているようだ。第2地区は蔵敷B、蔵敷C、奈良橋で構成され会員数約90名で、その内の十名強が参加した。人材センターからも3名の方が加わり、参加者の...
続きを読む

お宮参りと東大和の神社

5月に初孫が誕生、武蔵境に住む長男家だ。佳き日を選び、7月の初旬にお宮参りを計画した。育児・家事・仕事とまだまだ落ち着かない若夫婦に代わり、日程と場所は時間に余裕のあるこちらがジジバカを買って出た。長男家の住いの近くでということから、小金井の里の総鎮守 小金井神社 を選んだ。はじめて参拝させていただいた神社だったが、無事に生まれたことへの感謝と子の健やかな成長を願うお宮参り、神主さんの対応もあいまって...
続きを読む

生活を豊かにする4

焼酎(趣味の話、8/28)の続き、甲類焼酎と乙類焼酎。焼酎は造る蒸留法の違いによって大きく二つに分けられる。甲類焼酎は連続式蒸留機、乙類焼酎は単式蒸留器によって造られる。連続式は明治時代に誕生した製法で、単式は昔ながらの伝統の製法となっている。「連続蒸留」の甲類焼酎は低コストで大量生産できるが、蒸留を繰り返すため原料の風味が失われる。サワーや酎ハイに用いられ、それだけで味わうことは少ない。原料の臭みが...
続きを読む

歴史街道を歩くNo.2

久々の甲州街道を歩く会に参加、前回のブログ記事(7/01)からでも二ヵ月半振りだ。今回は、3月に参加できなかった第1回の分を穴埋めするコースへの参加だ。東京駅10時集合、「日本橋(道の起点)から内藤新宿」までの歩程約13キロ強の行程だった。参加者は総勢30名、途中、足が攣る参加者も出るなど、四谷辺りは坂も多かった。解散は16時45分。いい汗をかいた、とにかく暑かった!途中、四谷大木戸跡に史跡玉川上水水番所跡(みず...
続きを読む

朝の鹿島休憩所

このところ仕事オフの日の早朝はチャリでの多摩湖自転車道か空堀川遊歩道沿いのウォーキング、が定着しつつある。どちらも1時間くらいだが、前夜が飲み会の翌朝はパスしてしまうことも。チャリの場合は、二つの多摩湖を左回りで周った自転車道終盤の鹿島休憩所で小休止をする。ここには適当な水飲み場もある。...
続きを読む

敬老の日とシニア生活

長寿の時代に生きる高齢者は、日ごろの生活で何を望み、どんな心配ごとを抱えているのか。ここでは高齢者を60歳以上のシニアと総称していて、その約1,000人に聞いた調査がある(日経新聞から) 健康のこと、住宅や財産のこと、生涯続けたい趣味やレジャーのこと...、いろいろあるが。トップ3は、旅行、健康と病気、判断力が低下した時の対応 となっている。...
続きを読む

やりがい講座1209

水曜日(9/12)は上北台公民館のやりがい講座・延長勉強会の4回目、熱心なメンバーがまた集まった。「東大和 市民ネット」少しづつ形が整いつつある。Mumbler2さんの尽力で、地域ネットワークを展開していくためのインフラ(東大和市民ネットのポータルサイト)の形が見えてきた。課題も残ってはいるが前に進もうということになった。参加者の熱心さから、議論も大分活発になってきた。...
続きを読む

利根川水系取水制限10%

首都圏の水がめとなっている利根川水系上流のダムの貯水量が減少していることから、流域6都県は11日から2001年8月以来となる10%の取水制限に入った。当面は一般家庭や事業所の給水に影響はないというが。適度の雨が早く欲しい。が、過去の制限解除は台風による雨ということだ。...
続きを読む

日本の舵を切りきれるか

7日の閣議で、日本の中長期的な高齢者施策の指針となる 新高齢社会対策大綱 が決定された。「人生90年時代」を前提とした働き方や仕組みに転換させる必要があると指摘して、意欲と能力のある高齢者は、社会を支える側に回ってもらうよう意識改革を図ることなどが打ち出されている。日本の急速に加速する「高齢社会」をネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに考えて取組む動きだ。...
続きを読む

いじめを感じたからか

子供のいじめ問題が連日テレビや新聞をにぎわしている。いじめはいじめでも、国によるいじめを感じているのだというが、中国で繰り返される反日デモ とベトナムで繰返し起きている反中(中国)デモ。日本と中国には尖閣諸島の問題が、そして、中国とベトナムには、南沙諸島、西沙諸島などの争いがある。どちらのデモにも共通するのは、「自分より力が強く『いじめられた』と感じる相手国への屈折した心理」があるからだという。...
続きを読む

たっぷりと汗をかいたが

水曜の朝のチャリ散歩、いつものルートで狭山公園南門へ。ここから普段は公園の南側に沿って坂道を上がり堰堤へ。堰堤を渡って多摩湖自転車道を左回りで周る。渡ったところでひと呼吸し、5分ほど走った時にこの日は違和感を感じた、わぁ~、後輪のパンクだ。この自転車での初体験。延々とチャリを引っ張って自宅まで帰る。いつもの散歩以上にたっぷりと汗をかいた。...
続きを読む

今年の多摩湖梨

奈良橋で多摩湖なしを栽培していて、我が家でも懇意にさせてもらっているIさんに今年の出来具合を聞いた。できれば、例年のように我が地域の名産を送り届けたい先があるからだ。出来るだけ無農薬でと頑張っておられるが、残念ながら、今年のカメムシやヒョウ(雹)による被害はかなりのものらしい。...
続きを読む

スーパー老人と紹介される

以前勤めていた会社の大先輩でもあるO先輩、今年80歳になる。二つ違いの弟さんと共にデュオを組み、アメリカのカントリーミュージックを今も歌い続けている、芸歴(?)も凄い。日本の現役ブルーグラス・ミュージシャンの重鎮として、その道では知られている。音楽での活動歴が長いというだけでなくそのキャリア、中身だ。今年3月には初めての公式アルバムも出した。...
続きを読む

観光ガイドの養成講座

東やまと市報の9月01日号をみていたら、東大和市の魅力を広める 観光ガイド養成講座の開催 案内が載っていた。地域にある歴史、文化、自然などの観光資源について知識を深め、市内外の人たちに東大和の魅力を広める観光ガイドを養成するとのこと。観光ガイドの種類も沢山ある中で「市内を案内するまち歩きガイド」という視点は面白い。講師も歴史(郷土史)研究家となっている。街おこしのひとつにつながる動きを感じる。...
続きを読む