チャリティバザー 出展計画

時々のブログ記事( さくら女子中学校をBSで放映 )等で、「キリマンジャロの会(一般社団法人)」のアフリカ・タンザニアでの支援活動のことを紹介している。その「さくら女子中学校の支援活動」の近況を報告しよう。昨年の1月に現地に開校したこの中学校も2年目を迎え、新1年生47名(定員50名)を加えて在校生は合計で77名。日本から派遣の調整員と先生の2人(7月からの体制)と、現地の先生方がチームを組んで教えている。日本からの派...
続きを読む

さくら女子中学校をBSで放映

6月のブログ記事( 日本招聘 さくら女子中学校 )で、日本の支援でタンザニアに設立した女子中学校のこと、その支援活動の一環で、現地から生徒4人と副校長、そして事務長の6人を日本に招聘したことを紹介した。訪日した彼らに、一部同行した NHK 取材チームによる番組が7月のインターネット放送( NHK WORLD TV )で取り上げられた。(7月13日) その内容がNHK 国際放送局の支援で入手できたので、その番組の一部(さくら女子中学校取材...
続きを読む

コラム 中古盤探偵が行く

昨年のこの時期のブログ記事( 表紙は土屋大鳳と上野樹里 )や4年前の記事( 再会、半世紀を超えて )で、中学時代にブラスバンドに携わったことを紹介した。その中学校の名は豊島区立第十中学校。(通称、十中)当時、酒井正幸先生の指導により1960~70年代にかけては日本を代表するスクールバンドのひとつとなっていたが23年間指導したその先生が去り、平成16年に近隣校と統廃合されてその名前はなくなった。その後、「豊島の響」とい...
続きを読む

日本招聘 さくら女子中学校

日本を学び、楽しみ、大勢の支援者たちと交流し、目まぐるしく動いた、そして今日(18日)、一行は成田をあとにする。以前のブログ記事( さくら女子中学校2年目の始動 )等で、タンザニアに日本の支援で昨年設立した女子中学校のことを紹介した。その支援活動の一環で、現地から生徒4人と副校長、そして事務長の6人が来日、期間は6月7日から18日。息をつく暇もなく到着の翌日(8日)から、日本の中高等学校(学習・交流)、支援企業(表敬...
続きを読む

ツアー説明会を開催

以前のブログ記事に、キリマンジャロの会(一般社団法人)で昨夏参加した「さくら女子中学校 応援の旅」と銘打ったタンザニアスタディツアーのことを紹介した。この会で今年も、社会人大学の仲間を募ってのタンザニアスタディツアーを企画。ツアーは催行人員12名、8月11日から6泊8日、計画時点での参加者3名。という訳で、今年はツアー応援の立場で参加者募集の説明会を担うことになった。説明会での資料は作成済みの、キリマンジャ...
続きを読む

公民館交流集会に

以前のブログ記事( 公民館活動のこと )で、公運審の委員活動に携わっていることに触れた。少しカタイ話題となるがご容赦。先週、国分寺市の本多公民館に。三多摩の社会教育・公民館交流集会への参加だ。参加者は30名弱。公民館ホールで開催されたこの交流集会、公民館運営審議会委員の現委員や元委員を対象に企画された自主勉強会。内容は第1部が問題提起のプレゼン、そして第2部は課題ごとのグループディスカッションと二部構成と...
続きを読む

まちなかサロンでタブレット

当ブログ記事( まちなかサロンでカラオケも )等でも紹介したRSAC(通称アールサック)の活動も間もなく3年目を迎える。いくつかの活動のひとつ地域支援活動、憩いの場づくり「まちなかサロン・コスモス畑」の運営が中野区江原町(日本キリスト教団江古田教会)で続いている。隔週水曜午後の開催に、常時、10名から15名が集う。今回(8日)は「楽しもう!タブレットライフ」の企画で、地域のシニアにタブレットを楽しんでもらった。皆さん...
続きを読む

さくら女子中学校2年目の始動

時々のブログ記事( 頼れる拠点・JICA東京 )等で、「キリマンジャロの会(一般社団法人)」のアフリカ・タンザニアでの支援活動のことを紹介している。その「さくら女子中学校の支援活動」が様々な紆余曲折を経て2年目を迎えた。正月三が日明けの4日(水)、JICA東京の会議室を使って2年目の活動を開始。この日は午後からの定例会(2017年度事業計画等)を終えると、現地派遣を終えて年末に帰国したGさん、Kさん、そしてこの日深夜に出国(...
続きを読む

国際ふれあいフェア2016

キリマンジャロの会(一般社団法人)の一員として、タンザニア・さくら女子中学校の支援活動に参加していることを紹介した。ブログ記事( さくら女子中学校 応援の旅No.3 )等。会の課題は資金集め、という訳で、会のメンバー4名がこの9日に浦和駅東口駅前市民広場(浦和パルコ前)で開催された 国際ふれあいフェア に出展した。フェアは、さいたま市の6つの海外姉妹・友好都市をはじめとする、世界の国々と市民のふれあうイベント。そこ...
続きを読む

さくら女子中学校 応援の旅No.3

ブログ記事「さくら女子中学校 応援の旅No.1」で現地の生徒や先生たちとの交流を、そして、「No.2」ではタンザニアでのサファリの話を書いた。「No.3」では現地で見てきたこの時期の、日本からの支援の輪について紹介しよう。さくら女子中学校ではこの時期、日本からの農業指導員と派遣留学生による圃場づくりが進められていた。これは、NPO法人 秀明インターナショナル のご支援によるもので、自然農法での学校の自給自足体制づ...
続きを読む

さくら女子中学校 応援の旅No.1

8月中旬、先月のブログ記事( タンザニア大使館へ )で触れたそのタンザニアに、7泊9日の旅を終えた(8/13~21)。東アフリカ・タンザニアのベストシーズンは7~9月、訪れたアルーシャは日中の日差しこそ強いが朝晩は大変に涼しく凌ぎやすいところだった。旅の目的は現地の全寮制「さくら女子中学校」を訪問し、必要な物資(お土産)を届けること、そして、生徒や派遣されている先生たちとの交流を通じて、現地の理解を深め今後の支援活...
続きを読む

まちなかサロンでカラオケも

社会人大学時の仲間と立ち上げたRSAC(通称アールサック)のことは、当ブログでも何回か紹介した。①地域支援活動、②シニア・ライフ研究活動、③生き甲斐づくり活動の3つが柱。それぞれ活動(事業)毎のリーダーを中心に2年目の活動が進められている。地域支援活動のひとつ、地域の憩いの場づくり「まちなかサロン・コスモス畑」の近況を前回の記事( 師走の話題・まちなかサロン )に続いて、お知らせです。昨年の8月からスタートした「麻...
続きを読む