考えても無駄だけど考えておく

先月参加の講演、ブログ記事( 三択ならば「がん」を希望! )で紹介、それに続く立川の市民講演会に参加(16日)、講演のタイトルは「後悔しない最期の時の迎え方」、この講演も予約制で入場無料、講師は立川在宅ケアクリニック理事長の井尾和雄氏。がん、難病、寝たきりの患者 3000人以上を最期まで看取ってきた経験のある在宅ケア専門の医師だ。在宅ケアでいう「訪問診療地域」とは、立川市を中心に半径16km 圏、隣である東大和市も...
続きを読む

散歩の風景 馬堀海岸

3月の記事( 横須賀定期便の時間短縮 )以来のことになる、今月の横須賀定期便、連休を利用して、久々の養子君ダンケを連れての実家泊(12日、13日)となった。天候に恵まれ、それほど暑くもなく快適な横須賀路であった。移動先ではあっても朝夕のダンケの散歩は欠かせない。いつもと違う散歩の風景をお届けしよう。散歩コースその1は、住宅街から近くの防衛大学校の正門を通るコース。その2は、住宅街から馬堀海岸までを往復するコー...
続きを読む

朝の散歩の延長で

夏休みシーズンとなり毎日が日曜といえなくはない、そんな日が増えつつあるが、極力予定を立てて(もちろん、そこに目的があることが前提)動くようにしている。3連休の初日(11日)、この日の養子君ダンケとの朝の散歩タイムでは、収穫作業で農園に出向くことにしていた。ダンケと一緒の散歩ではやすじぃの農園まで片道約15分、農園での作業が約30分(予定)と1時間のつもりで家を出た。が、家を出て5分、空堀川の遊歩道、奈良橋6丁目で...
続きを読む

レースに出場 立川ららぽーと

日曜日(6日)、マラソン好きの次男夫婦から立川立飛ららぽーでのレースに出場との連絡を受け、応援に駆け付けた。出場するのは孫の1歳児、ハイハイレース。スタートからゴールまで、距離3メートル。そんな催し物がある。このレース、3メートルがとてつもなく長い距離と感じさせる、そんなレースだった。レースと名付けられてはいるが、盛り上げるための順位付けこそするが、順位、タイムを重視するイベントではないという。親子のコ...
続きを読む

空堀川・散歩で素敵なシーン2

西日本各地に大雨の被害をもたらした動きの遅い台風5号、昨日(8日)、東京地方にもと思われていたが、何とかかわせた感じ。日本海側を北上し9日早朝、やっと温帯低気圧に変わった。引き続き東北地方や東日本では、まだまだ警戒を要する状況が続いている。昨夕の養子君ダンケとの散歩時、6時半、素敵なシーンに出合った。空堀川の遊歩道、蔵敷3丁目の辺り。虹をバックにした散歩時のシーンは昨夏のこの時期に奈良橋5丁目でもあった。...
続きを読む

空堀川・子育て中のカワセミ

空堀川でのカワセミ記事、ひと月以上も間が空いてしまった。時折り飛んでいる姿は見かけても、なかなかカメラで捉えることが出来なかった。昨日(8/06)の朝、久々にカワセミの姿を捉えた。飛びまわらずに、エサを咥えて雛を待っているようだ。カワセミは雛が小さい時はその場所にエサを運ぶが、一週間ほどすると親がエサを持ってきて止まった場所に雛が来ないと渡さなくなるとのこと。ここは、高木橋の手前の空堀川支流との合流地点...
続きを読む

無線LAN 中継機を試す

無線LANを使用する時、電波の強度を高めることでより広い範囲で無線LANを使用できるようにする機器を、無線LAN中継機という。無線LANルーターとパソコンやスマートフォンの中継地点に置くことで、無線の電波を強められる。以前は無線LANルーターと中継機の組み合わせはメーカー毎に互換性がなかったが、2007年に共通化した方法で接続できるWPSという方式が登場。異なるメーカーの製品でも使用できるようになっている。先日、豊島区...
続きを読む

畑・凌ぎやすかった3日の朝

雲間の早朝、一週間振りに農園に向かう。ミニトマト、トマトが収穫の終わりに近づいてきた。予定のキュウリ、ナス、ピーマンの収穫を終えて引き上げようする頃、遅れて区画ご近所のお仲間さんも農園にやってきた。一頻り畑談義。今朝は、夏野菜の収穫だけでなく、お仲間からの「収穫」もいただいた。なるほど、なるほど。・野菜は大きく成ればいいというものでもない、小さくても食べ時がいい・十分にいけるトマト、多少虫が食って...
続きを読む

三択ならば「がん」を希望!

立川商工会議所で開催された市民講演会(7/29)に参加。テーマは「希望する死の迎え方」、主催は立川在宅ケアクリニック、サブタイトルは、「~超高齢多死社会を迎えた日本!尊厳死、平穏死の迎え方の心得~」となっていた。予約制だったが入場は無料。少しショッキングなテーマだが講師は長尾和宏氏。尼崎市の在宅医で、外来診療から在宅医療まで”人を診る”総合医療で名が知られている。超高齢多死社会を迎えた日本では、尊厳死や平...
続きを読む

コラム 中古盤探偵が行く

昨年のこの時期のブログ記事( 表紙は土屋大鳳と上野樹里 )や4年前の記事( 再会、半世紀を超えて )で、中学時代にブラスバンドに携わったことを紹介した。その中学校の名は豊島区立第十中学校。(通称、十中)当時、酒井正幸先生の指導により1960~70年代にかけては日本を代表するスクールバンドのひとつとなっていたが23年間指導したその先生が去り、平成16年に近隣校と統廃合されてその名前はなくなった。その後、「豊島の響」とい...
続きを読む

空堀川・カルガモの親子

昨年のこの時期に空堀川の高木3丁目付近でゴイサギが観られ、記事( 空堀川の野鳥・ゴイサギ )で紹介した。もうそろそろかと思うのだが、この近辺は現在工事中。今年はゴイサギの観察が難しいかも知れない。散歩の範囲は空堀川遊歩道沿いの蔵敷3丁目、奈良橋6、5丁目、高木3丁目、狭山5丁目が多い。親しくなったカワセミウォツチャー氏によると、その日(25日)も朝のウォッチングの2か所でカワセミの姿を捉えたというが、こちらが見...
続きを読む

大のカミナリ恐怖症

我が家の養子君・ダンケ、図体は大きいが大のカミナリ恐怖症である。カミナリ発生時というよりも発生のかなり前からその症状、恐怖反応を見せ始める。息づかいが荒くなり、体の震えが止まらないが如くの表情で家中をウロウロして落ちつかない。そして大抵の場合は逃げ込む場所を求めて、テーブルの下に潜り込んだり、キッチンの隅に座り込む。ご近所さんの小型犬は恐怖症で、お漏らしをしてしまうとのことだ。そこまで犬が怖がるの...
続きを読む